Plaza-i 保守管理

製品概要

ソフトウェア製品を開発、サポートしているシステム会社、ソフトウェア会社、もしくは、
ユーザ企業の情報システム部門向けのシステムです。

ソフトウェア製品を開発、サポートしているシステム会社、ソフトウェア会社、もしくは、
ユーザ企業の情報システム部門向けのシステムです。

対象システムはコンボボックスから選択するため、100程度を想定していますが、この条件がクリアできれば,
ハードウェア等、その他一般製品の保守にも対応可能です。

ユーザに対するサポート保守履歴を登録し、インシデント管理、サポート報告を行います。
また、保守対象製品そのものに対する機能追加、改善、変更、エスカレーション等を管理し、
開発・テスト工程を管理するとともに、リリースノートを発行します。

製品詳細

特徴

・製品納入後のメンテナンス履歴を一元管理できます。
・ソフトウェア等の製品機能の要望から実装までの過程を一元管理できます。

主なメニュー

ソフトウェア製品を開発、サポートしているシステム会社、ソフトウェア会社、もしくは、
ユーザ企業の情報システム部門向けのシステムです。

  • ユーザリスト照会、編集
  • ユーザ保守履歴登録
  • サポート履歴照会
  • 保守案内書作成
  • 保守申込み管理
  • 製品保守依頼・確認
  • 製品保守承認・割当・実行
  • 製品保守検査
  • 製品保守履歴一覧
  • 製本保守リリース

製品詳細

ユーザリスト管理

特定の製品・バージョンをどのユーザが使用しているかを登録します。
ユーザの担当者、自社のサポート担当者、ユーザのシステム導入環境等の付加情報も登録可能です。
一方、あるユーザがどの製品・バージョンを使用しているかも確認できます。

取引先マスターに保守製品タブが登場し、そのユーザが使用している、
製品、バージョン、保守開始日、終了日、保守料を確認する事が出来ます。
これにより、過去ユーザ数、現在ユーザ数、解約予定ユーザ数等を確認する事が出来ます。

マーケティング・営業情報を提供します

あるユーザが何故その製品を購入したかの理由を、受注理由マスターから選択して登録可能です。
同様に、どの販売チャネル(ウェブサイト、紹介、DM、セミナー等)で購入したのかも、
受注情報ソースマスターから選択可能です。解約理由もユーザ定義情報として登録可能です。

また、今後リリースされる新機能、改善機能に対し、マーケット上の重要性を登録することにより、
製品改善状況をマーケティング・営業部門に周知させる事が可能です。

ユーザ保守履歴管理

ユーザに対するサポート履歴を登録可能です。
ユーザ保守行為マスターに固定保守、変動保守等のサポートの種類を定義可能ですので、
サポート履歴を適切に分類する事ができます。
インシデントカウントを行っている場合は、インシデント数を入力し、残数を自動計算させる事が出来ます。
その他サポート報告書を、エクセルに出力して作成する事が出来ます。

保守申込み、保守料請求管理

製品購入後、例えば、1年後からサポート契約を開始する場合、Plaza-i顧客管理システムと連動し、
保守申込みの案内対象を抽出し、案内書を作成する事が可能です。
選択セットを生成し、その選択セットに対し応答があった、つまり保守申込みがあったかどうかを管理します。

保守料請求書の発行でPlaza-iサービス業販売管理システムを使用している場合は、
サービス契約番号を登録する事により、サービス契約の登録・解約処理がタイムリーに実施されているかを確認可能です。

変更管理(開発・保守・テスト管理)

保守対象製品に対する、改善依頼、機能追加依頼、変更依頼を製品保守管理番号で統一的に管理します。
依頼、承認、割当、実行、検査、リリース、完了の製品保守状況区分を識別し、各メニューにおける承認ボタン
により自動更新します。

開発承認権限者、担当者アサイメント権限者、実行担当者、テスト担当者を定義し、
製品保守レコードの該当項目のみ入力可能に制限します。
ユーザーズガイドへ反映させたか等、ユーザが定義した5つのチェック項目を追加可能です。

上記により、製品(システム)に対する適切な変更管理を行います。

エスカレーション管理

サポート部門が通常のユーザーズガイド等を利用したサポートにより対応できない場合、
エスカレーションを製品保守として登録します。
開発部門等は、回答を行い、または、調査が必要と判断した場合は担当者をアサイメントし、
データベースに登録を行い、エスカレーション管理をします。
不具合と判明した場合は、優先順位を登録し、開発プロセスに入ります。

リリース管理

製品保守マスターで定義する事により、製本保守を、製品毎にリリースする事も、
あるいは、複数の製品まとめてリリースする事も可能です。
リリース予定、リリーステスト期間を事前に登録し、どの製品保守をいつリリースするかを管理する事が出来ます。
テスト済みの製品保守を一括してリリース済みにする事が可能です。

未テストの製品保守がある場合はエラーとなり、不適切なリリースをブロックする事が出来ます。
リリースノートを個別にエクセルとして作成する事により、リリース情報を発行する事が出来ます。

関連製品

同時に導入する必要のあるモジュール

Plaza-i 保守管理
ユーザ保守履歴管理、製品保守管理、リリースノート

Plaza-i サービス業販売管理
役務提供業の見積、受注、売上、売上報告

Plaza-i 販売管理
見積、受注、出庫指示、売上、返品、売上報告、等

組み合わせで、さらに便利になるモジュール

Plaza-i 一般会計
仕訳、元帳、試算表、財務諸表、消費税別表等

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ03-5715-3315 (内線81)

受付時間:9時~18時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除きます。

  • 〒108-0075 東京都港区港南2-5-3 オリックス品川ビル4F
  • 03-5715-3315(内線81)
  • お問い合わせ・資料請求