プロジェクト管理

製品概要

プロジェクト別、リソース別の購買、時間報告、経費報告により、プロジェクト別原価計算を行い、プロジェクトにコストを集計し、完成基準もしくは工事進行基準で売上を計上する業態に最適のシステム。

プロジェクト別、リソース別の購買、時間報告、経費報告により、プロジェクト別原価計算を行うモジュールです。
プロジェクトにコストを集計し、完成基準もしくは工事進行基準で売上を計上する業態に最適のシステムです。

外貨・バイリンガル対応していますので、海外でプロジェクトを行っている会社は必見のソフトです。

年別にプロジェクトコードを分けなくても年別(または半期別等)に別プロジェクトとして管理できる、
サイクル・プロジェクトも管理可能ですので、システムサポート会社、会計事務所など継続プロジェクトを管理する業態にも最適です。

製品詳細

特徴

自社スタッフの労務費も含めた案件別原価を管理できます。

建設業における工事進行基準、完成基準の売上管理ができます。

実行予算で建設業の理想的な採算管理、を実現します。

主なメニュー

  • プロジェクト登録、承認、実行予算登録、承認
  • プロジェクト受注入力、承認
  • 計上支払予定登録、支出見込み登録
  • プロジェクトタスク進捗状況、月次原価発生状況
  • プロジェクト取引照会、プロジェクト取引入力
  • 見越しコスト計上、完成プロジェクト指定、見越しコスト精算
  • 完成計上承認
  • プロジェクト売上一覧
    • 業務日報入力、承認、確認、照会
    • タイムレポート入力
    • 仮払申請、承認、実行
    • 経費報告書入力、印刷、経費報告書経理承認
    • 作業報告締め
    • アサイメント状況照会
    • プロジェクト購買発注承認、支払依頼、支払依頼書印刷
    • 共通プロジェクト配賦、期間経費分割
    • 原価管理月報
    • プロジェクト元帳

製品詳細

タスク別実行予算管理

プロジェクトを適切なタスクに分解し、それぞれに実行予算数値(時間もしくは金額等)を設定できます。
タスクはいわゆるWBSを反映した階層定義が可能です。
実行予算設定にあたっては、提案時見積コストとの比較、共通タスクの設定、タスクパターンからの自動複写などの機能を利用できます。

仮払対応経費報告

業務日報

業務日報入力画面

リソース(社員と現場)別に、経費報告最高額、補
充金額、仮払残最高金額などを設定できます。
Plaza-iプロジェクト管理システムを通じて依頼し、
債務管理システムで支払いした仮払は、リソースに自動計上され、全額精算するまで確実に残高管理されます。
時間報告同様、各リソースはアサイメントされた
プロジェクト、タスクしか経費精算報告出来ません。
各社員が経費報告書を入力(経費は業務日報と連動して日々入力することもできます)、プリントアウトし、
証憑を貼付して、経理部に提出します。

経理は誰が経費報告書を提出しているのか、
一覧画面から確認し、証憑を確認しながら承認します。
経費を現金で支給する時に便利な、小口現金金種表
が出力出来ます。小口現金受領書で確実な受取管理が可能です。
仮払金を超えて、補充、不足等支払金額が発生する場合には、経理部の承認により、債務管理システムに
自動的に債務計上データが転送されます。
経費報告金額が、仮払金額に等しいかもしくは不足し、支払金額が発生しない場合は、仮払金を精算する仕訳が
一般会計システムに自動仕訳として転送されます。

つまり、業務日報との連動入力や仮払金支払・精算というシステムを複雑にしがちな要素を認めながら、
各自がメニューに従って処理を行うと、一般的には非常に手間が掛かりがちな経費精算という会計処理を、
低コスト・短時間で完了させてしまうと言う、非常に良くできたシステムとなっています。

プロジェクト購買

特定のタスクを外注先に担当させ、コストを計上することも出来ます。
Plaza-iでは、計上支払予定として、発注前、もしくは請求書を受け取る前に、支払予定を登録することが出来ます
ので、精度の高い資金繰り管理を実現できます。
実際に支払依頼を行うと、債務管理システムに債務計上データが転送されると同時にプロジェクト取引が自動生成
されます。

また見積依頼のプロセスからスタートすることも出来ます。
この場合は、見積依頼業者登録、見積依頼書の印刷、見積確定のプロセスを経て発注伝票を生成、出力します。
発注伝票に対し、出来高を登録し、承認により債務管理システムに支払依頼データを転送します。
同時に、支払依頼書を印刷し、仕入先・外注先からの請求書を添付して経理部に提出します。

建設業特有の引去にも対応しています。

見越しコスト計上精算

Plaza-iシステムでは、プロジェクト完成時点で、まだ請求書をもらっていないが、発生が確実な経費を
未払費用として見越し計上することが出来ます。

見越し計上後の検収期間に発生したコストは、通常のプロジェクト購買支払依頼や経費報告等の処理により実績額が計上されますが、
意識しなくても会計上、借方未払費用の仕訳が自動仕訳されます。ここもまた、会計処理まできちんと連動するPlaza-iの魅力といえましょう。

見越しコストは3か月等、適切な期間で精算し、実際発生コストとの差額を精算処理します。
Plaza-iでは、差額の理由等を入力し、見越しコスト計上精算明細表として出力後、見越しコスト精算処理によって、
プロジェクトを次の状況区分(保証期間もしくはクローズ)に自動的に移行させながら、正しい仕訳を自動生成することが出来ます。

支出見込登録により赤字プロジェクトを早期発見

Plaza-iでは、プロジェクトの初期段階から、各タスクに対し原価発生予定金額を登録することが出来ます。

これは当初は実行予算金額であったり、発注先が決まると発注金額であったり、またプロジェクトの進行に従って
精度の高い見込み金額であったりするわけですが、月次ベースでこうした金額を調整入力することにより、
プロジェクトの最終利益予想をタイムリーにかつ定期的に確認できます。

これによりプロジェクト別原価管理の精度が飛躍的に向上し、一方で、適切なアクションを早期に取ることが
可能となります。

関連製品

同時に導入する必要のあるモジュール

プロジェクト管理
プロジェクト別購買、時間報告、経費報告、原価計算

組み合わせで、さらに便利になるモジュール

一般会計
仕訳、元帳、試算表、財務諸表、消費税別表等

サービス業販売管理
役務提供業の見積、受注、売上、売上報告

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ03-5715-3315 (内線81)

受付時間:9時~18時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除きます。

お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

03-5715-3315 (内線81)
  • 外資系企業のお客様
  • 海外進出をお考えのお客様
  • 海外とお取引のあるお客様
  • ユーザーリスト
  • セミナー情報

より詳しい説明をご覧いただけるリーフレットをご希望の方は、下記よりPDF版をダウンロードできます。