Plaza-i標準機能

様々な業種・業態の業務慣行へ対応するだけでなく、外資系企業様や貿易業務を取り扱う企業様が持つニーズ、複数の言語・通貨への対応も標準機能として備えています。

マルチカレンシー対応
Plaza-i標準機能

基準通貨(邦貨)での入力はもちろん、取引通貨(外貨)での入力や基準通貨への換算が可能です。外貨での消込にも対応しています。

また、月末での外貨換算(実現・未実現為替換算差損益の計上・評価替え)、及び財務諸表換算処理をすることで邦貨の他、予め設定した通貨での財務諸表が出力も可能となっております。

バイリンガル対応

すべての画面・帳票をワンタッチで日本語・英語に切り替えが可能です。入力は日本語画面で行なっても、帳票を英語で出力することも可能です。

もちろん、画面も英語に切り替わるので、外国人上司によるレビューも可能です。

複数会社処理

一つのデータベースで複数会社の処理が可能です。
複数会社を合計、比較した財務諸表や会社を超えた本支店別財務諸表などに対応しています。

整合性の取れた共有データ

取引先、商品、勘定科目等の共通マスターをすべてのモジュールで共有することによりシステム間のマッピング作業が不要です。

豊富な管理コードによる分析

商品マスター、取引先マスター、個人マスターなどには、標準の属性に加えユーザー定義フィールドを10個準備し、受注、売上、発注、仕入、在庫取引の明細などにも10個のユーザ定義コードを用意しています。

また、会計システムにも、組織、取引先、従業員、現預金口座、プロジェクト、ユーザ定義など最大10個の管理分析コードを用意してあります。

データベースはOracle
データベースはOracle

データベースは信頼性の高いOracleを採用しています。

ストアドプロシージャを駆使し、安全かつ高速な処理が可能。スタンドアロン・LAN・WANいずれの使用環境にもマッチします。

通信帯域の狭いネットワーク環境において有効といわれるWTS(Windows Terminal Services)もしくはメタフレーム/CPSといったサーバーコンピューティング技術にも対応しています。

img06

ビジネス・アソシエイツは、日本オラクル株式会社OPN Member Partnerです。

セキュリティが充実

管理者グループ、購買担当グループなど、ユーザグループ別に使用できるメニューを制御することが可能です。
担当者別に接続可能な会社・本支店・組織別を設定することもできます。

エクセルにも簡単出力

売上報告、在庫照会、元帳、試算表などの画面で簡単かつ高速にエクセルへの転送が可能です。
すべての帳票データを簡単にエクセル出力できます。

 

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ03-5715-3315 (内線81)

受付時間:9時~18時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除きます。

  • 〒108-0075 東京都港区港南2-5-3 オリックス品川ビル4F
  • 03-5715-3315(内線81)
  • お問い合わせ・資料請求