オークウッド・プロパティー・マネジメント・エルエルシー 様

海外統括拠点への報告のため バイリンガルと複数会社処理を必要とする会社です。

取材日:2015年08月28日

役務・サービス業
一般会計

写真や名称はじめ、記事内にある情報は取材日現在のものとなります。

お客様概要

オークウッドは世界でサービスアパートメントを運営する業界のリーディングカンパニー。各部屋には必要とされる家具やキッチン、フロントではコンセルジュサービスを提供し、ワールドワイドでビジネスやレジャーで滞在されるお客様のために最上級サービスアパートメントを運営しています。日本ではプレミア、レジデンス、アパートメンツの3つのブランドを展開しており、それぞれのニーズやライフスタイルにあった質の高いサービスアパートメントを提供しています。

システム選択のポイント

バイリンガル、複数会社を処理できる会計システム

2000年4月、現在のPlaza-iの前身であるPlazaを導入。アジアパシフィックの統轄拠点であるシンガポールへの英語での会計報告ニーズから利用を開始。その後順調に拠点が増え利用人数も拡大していった。当時からネットワーク利用はしていたがデータベースが拠点毎に分かれていたためデータも別々に管理。拠点の増加とシステム事情の時代の変化に伴い、より内部統制の確保されたPlaza-iへ移行。大きな運用変更や高額投資をすることなく2007年Plaza-iへ無事移行する。

報告先への英語ニーズだけでなく、スタッフによって日本語でも英語でも利用できる利便性、Plaza-iの複数会社処理、会社グループ管理機能をフル活用し、異なる入力拠点から異なるサービスアパートメントの経理処理を一括管理でき、かつそれぞれのオーナーへ個別に報告できている。

今後さらにサービスアパートメントの新設予定もあり、その都度Plaza-iでの利用を拡大予定だ

Plaza-i 活用機能

  • 一般会計:仕訳入力、元帳、試算表、決算書、英文レポート出力、予算管理、GAAP対応

導入後の評価

業務上、提出先に応じて日本語、英語でのレポート作成が要求されています。その点Plaza-iは英文・和文に対応していてその切替も簡単に行えてすごく重宝しています。

ユーザーによっては画面を日本語、プリントアウトは英語等、好みに応じて使用しています。またデータベースを一元化することにより複数拠点の会計情報をどこからでも取得でき便利です。Plaza-iは私が今まで使った会計ソフトの中で一番ユーザーフレンドリーなものです。しかもしっかりしたサポートがあるので安心して使用しています。

PDF詳細はこちら

オークウッド・プロパティー・マネジメント・エルエルシー 様について

設立
2017年11月
URL
http://www.oakwoodasia.com/jp/japan.php

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ03-5715-3315 (内線81)

受付時間:9時~18時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除きます。