インヴェンティット株式会社様

プロジェクト会計をキーに社内の採算状況を確実にキャッチする

取材日:2015年09月01日

役務・サービス業
Plaza-i 一般会計

写真や名称はじめ、記事内にある情報は取材日現在のものとなります。

お客様概要

インヴェンティット株式会社は、2007年創業以来遠隔技術をコアとしたテクノロジーで、携帯端末やスマートフォン、通信機器などのデバイスを数千万規模で遠隔管理するIoT/M2Mソリューションを展開。基盤であるServiceSync等を市場化し、日本のパイオニアとして業界を牽引し続けている。

システム選択のポイント

会計システムでプロジェクト別の個別原価を把握したい

この会社に入社した際、経理業務のやり方に課題があり、会計システムのリプレース検討を始めました。それまでは簡易な会計ソフトを利用していたのですが、十分な分析軸がなくうまく機能していなかったんです。特にプロジェクト別管理がきちんとできていませんでした。実は前職でPlaza-iの前身のシステムを使用しており、その当時から会計にプロジェクト管理コードがあったことを知っていましたから、まずは当時のサポート担当だった方に連絡し製品の説明を受けました。

プロジェクト別に個別原価の把握ができることはもちろんですが、会計システムの検討を始めたあとに、消費税増税の話があがりはじめたことが決定打だったと思います。Plaza-iであれば法令改正があっても通常の保守費用でバージョンアップが可能ですから、将来の税制、OS変更に不安を抱えることがありません。またExcelとの連携も良く、社内独自の管理フォーマットの作成に利用しています。

導入から約1年後、当初はスタンドアロン(1ユーザ)でしたが、業務拡大に合わせて人員補強をした際にサーバに切り替えました。

Plaza-i 活用機能

  • 債務管理:仕入連動、支払予定管理、FBデータ連携、買掛・未払金管理
  • 一般会計:仕訳入力、元帳、試算表、決算書、英文レポート出力

導入後の評価

まず、年次を越えて集計できる会計システムは初めてでした。通常のソフトでは、前期の会計期間からの集計できないことが多く、集計するには各会計期間のデータを抽出し、加工しなければなりません。その点Plaza-iはプロジェクトコードを使用して、年次を越えた欲しい期間で収益の把握ができます。最初は画面構成や使い方に戸惑いもありましたが、慣れてしまえば特に気になりません。

実務担当としては、Plaza-iにはさらに感覚的な使用感を期待したいですね。特に、仕訳の行移動の方法がマウスのドラッグでできたら嬉しいです。

モジュールの追加をすることで機能拡張もできますから、会社の成長に合わせて効率化をすすめられたら理想です。

PDF詳細はこちら

インヴェンティット株式会社様について

設立
2007年06月
URL
http://www.yourinventit.com/

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ03-5715-3315 (内線81)

受付時間:9時~18時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除きます。

  • 〒108-0075 東京都港区港南2-5-3 オリックス品川ビル4F
  • 03-5715-3315(内線81)
  • お問い合わせ・資料請求