ライスハウァー株式会社様

会計を先行導入。その後基幹システム、受発注機能…と段階的に追加導入

取材日:2016年05月27日

専門商社
Plaza-i 販売管理

写真や名称はじめ、記事内にある情報は取材日現在のものとなります。

お客様概要

ライスハウァー株式会社は、歯車等の大型研削機械、及び大型研削機械の構成パーツおよび工具を主要商品として、海外(主に欧州)から輸入し日本で販売している会社です。同時に、機械の修理、調整などの専門技術サービスも提供しています。 また、顧客から要修理品を預かり、外部委託先へ修理を依頼、修理後のパーツを提供するサービスも行っています。

システム選択のポイント

会計を先行導入。その後基幹システム、受発注機能…と段階的に追加導入

従来、Plaza-i提供元(株)ビジネス・アソシエイツ(以下、BA)旧製品のMS Access版Plaza(以下、旧Plaza)を使用していたが、MS Accessの共存の問題などで、Plaza-iへのマイグレーションを決定しました。決定の決め手となったのは、旧PlazaとPlaza-iは別製品ながら、旧Plazaの機能は全てPlaza-iで有しており、むしろ、旧Plazaより豊富で、きめ細かい設定ができるPlaza-iを導入することで、業務改善が図れると思ったからです。提供元が同じ会社のため、弊社の業務をよく理解したコンサルタントが対応してくれるので、安心してシステム移行ができるという点も外せないと思います。
また、個別カスタマイズを行わなくても、別のモジュールや機能をあとから段階的に増やしていけるということが、弊社の場合は特にメリットがありました。システム移行に費用は付き物ですが、段階的に移行することで、システム移行費用を分散することができました。

Plaza-i 活用機能

  • 販売管理:受注入力、受注発注、在庫引当、納品書、売上報告
  • 購買管理:計画発注、発注伝票
  • 物流在庫:入出庫確認、ファシリティ活用、倉庫側への出庫指示データ出力
  • 債権管理:請求書発行、入金伝票入力、売掛管理、年齢調べ表
  • 一般会計:仕訳入力、元帳、試算表

導入後の評価

まずは、単独で(他のモジュールがなくても)運用できるGLS一般会計システムを導入しました。旧Plazaの頃は、会計処理を会計事務所へ委託していましたが、Plaza-iへのシステム移行をきっかけに業務改善を行い、Plaza-iからは自社で行うことにしました。この結果、リアルタイムに会計関連の書類が出力できるようになり、業務効率の向上に繋がりました。
次に、旧Plaza販売管理で備えていた基幹業務機能にあたるモジュール(SOE販売管理、PUR購買管理、DRS物流在庫管理、ARS債権管理)を導入しました。親会社へ英文での報告書類を提出する必要がありますので、Plaza-iにおいても多通貨・バイリンガルの機能が引き継がれたことは、非常に助かっています。

PDF詳細はこちら

ライスハウァー株式会社様について

設立
1995年02月
URL
http://www.reishauer.com/

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話でもお問い合わせいただけます。

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ03-5715-3315 (内線81)

受付時間:9時~18時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除きます。