JNL 自動仕訳

最新リリース情報

V2.02.15.00

リリース日:2020/05/22
入金取引計上
自動仕訳採番単位が「入金明細毎」の場合に仕訳イメージを作成するとき、元伝票にジャンプできるように改善しました。
売掛取引計上
自動仕訳採番単位が「伝票毎」の場合に仕訳イメージを作成するとき、元伝票にジャンプできるように改善しました。

過去リリース情報

過去3年間分のリリース情報を掲載しております。

V2.02.14.00

リリース日:2020/04/18
売上取引計上
自動仕訳採番単位コードが「10:伝票単位」の場合、作成した仕訳イメージから売上伝票へジャンプできるように改善しました。
在庫取引計上
自動仕訳採番単位コードが「10:伝票単位」の場合、作成した仕訳イメージから在庫取引入力へジャンプできるように改善しました。
入金伝票計上
作成した仕訳イメージから入金伝票へジャンプできるように改善しました。

V2.02.11.00

リリース日:2020/01/17
自動仕訳生成
仕訳イメージ作成時に貸借不一致仕訳が一つでもあればメッセージを出すように修正しました。。
また、会計伝票タブで、貸借不一致のイメージのみ表示するためのチェックボックスを付け不一致の仕訳を絞り込めるように修正しました。
入金伝票計上
フォームテキスト名を「売上入金計上承認」から「入金伝票計上」へ変更し、メニュー名に表示を合わせました。

V2.02.08.04

リリース日:2019/12/13
自動仕訳マスター
グリッドと入力エリアに「摘要備考生成方法コードヘッダ」、「摘要備考生成方法コード明細」を追加しました。詳細はUG、JNLマスター(章)、自動仕訳マスター(節)、ヘッダ入力項目(項)と明細入力項目(項)をご参照下さい。

V2.02.08.00

リリース日:2019/09/13
在庫取引計上
以下の条件のときに、在庫取引のプロジェクトコードを自動生成される仕訳に転記するように変更しました。
自動仕訳明細行属性決定方法マスターの在庫取引自動仕訳のプロジェクトコードを「レコードソース」に設定する。

V2.01.62.01

リリース日:2018/12/21
自動仕訳マスター
入力エリアの軽減税率区分ラベルおよびコンボボックスを追加表示可能項目としました。表示する場合はユーザキャプションマスターで設定が必要です。
詳細はUG、JNLマスター(章)、自動仕訳マスター(節)、セットアップ:追加表示可能項目(項)をご参照下さい。

V2.01.62.00

リリース日:2018/12/21
プロジェクト取引自動仕訳
消費税軽減税率対応を行いました。
売上取引計上
作成した自動仕訳の03運賃等-付随収入行・04仮受消費税行・05販売手数料行の参照番号に、売上伝票ヘッダの得意先番号もしくは請求書番号をセットできるようにしました。
詳細はUG、JNL自動仕訳生成(章)、売上取引計上(節)、仕訳イメージ(項)をご参照ください。

V2.01.60.14

リリース日:2018/10/23
売上取引計上
作成した自動仕訳の03運賃等-付随収入行・04仮受消費税行・05販売手数料行の参照番号に、売上伝票ヘッダの得意先番号もしくは請求書番号をセットできるようにしました。
詳細はUG、JNL自動仕訳生成(章)、売上取引計上(節)、仕訳イメージ(項)をご参照ください。

V2.01.58.00

リリース日:2018/05/18
受取手形自動仕訳
受取手形を分割譲渡支払で使用し、さらに割引依頼、決済を行った後の自動仕訳が正しく作成されない不具合を修正しました。

V2.01.57.02

リリース日:2018/03/16
仮仕訳伝票作成
MST地域期間メニューの「会計期間定義」の月別識別文字を3バイト以下に設定している場合、エラーになる不具合を修正しました。

V2.01.57.00

リリース日:2018/03/16
売上取引計上
自動仕訳の01売掛金行、02売上行の参照番号に売上伝票ヘッダの請求書番号をセットする設定の場合、自動仕訳採番単位コードが「10:伝票別」であれば、明細行集計方法コードが「10:集計しない」「100:最小レベル(ユーザ単位)」である(売上伝票明細を集計する)かどうかに関係なく、上記項目をセットするようにしました。
セットアップの詳細はUG、JNL自動仕訳生成(章)、売上取引計上(節)、仕訳イメージ(項)をご参照ください。”
受取手形自動仕訳
PNSメニューから入力した受取手形を「電子債権譲渡」による支払に利用した場合、当該受取手形の発生に関する自動仕訳が正しい金額で作成されない不具合を修正しました。

V2.01.56.04

リリース日:2018/02/23
売上取引計上
以下の設定の場合に、作成した自動仕訳の01売掛金行、02売上行の参照番号に売上伝票ヘッダの請求書番号がセットされるようにしました。
・自動仕訳明細行属性決定方法マスターの参照番号の設定がレコードソース2
・自動仕訳マスターの自動仕訳採番単位コードが「10:伝票別」
・自動仕訳マスターの明細行集計方法コードが「100:最小レベル(ユーザ単位)」(以前のバージョンでは「10:集計しない」に設定している場合のみセットされていました)

V2.01.55.00

リリース日:2018/01/19
売上自動仕訳
会社別オプション「PRJ売上計上原価仕訳方法区分」が「2:勘定残高振り替え仕訳明細を追加」方式の際、SOE受注伝票から売上を計上した場合に、仕訳伝票に原価行が作成されない不具合を修正しました。
プロジェクト取引自動仕訳
一度仕訳転送した会計伝票を二重で転送できてしまう不具合を修正しました。

V2.01.54.00

リリース日:2017/12/18
自動仕訳マスター
「自動仕訳実行チェック区分」を追加しました。
会計月次本締め時に自動仕訳転送が未実行のものがないかチェックすることが可能です。
詳細は、ユーザーズガイドのJNLマスター(章)、自動仕訳マスター(節)及び、JNL自動仕訳生成(章)、共通操作と留意事項(節)、自動仕訳実行チェック(項)をご参照下さい。

V2.01.48.06

リリース日:2017/07/07
入金伝票計上
手形をプロジェクト管理しているオプションの場合に、決済方法が電子債権債務の入金方法で入金伝票承認を行ったときと、決済方法が手形の入金方法で処理を行った場合とで、作成される仕訳伝票のプロジェクトの出方が異なっていた点を修正しました。
受取手形と同様に、借方科目には消込明細のプロジェクトをセットします。”