PUR 購買管理

最新リリース情報

V2.02.19.03

リリース日:2020/09/11
発注伝票入力
ユーザ定義タブに名称タブとメモタブを追加しました。
詳細はPUR商品購買依頼(章)、商品購買依頼入力(節)、ユーザ定義情報(項)をご参照下さい。”
発注伝票印刷
発注伝票をメール送信した際に、送信していない伝票の印刷実行区分がオンになる場合がある不具合を修正しました。

過去リリース情報

過去3年間分のリリース情報を掲載しております。

V2.02.19.02

リリース日:2020/09/11
発注伝票外部データ取込
伝票取引ユーザ定義名称と伝票取引ユーザ定義メモを取り込み可能にしました。
詳細はPUR発注(章)、発注伝票外部データ取込(節)、テーブル情報(項)と規定値セット(項)をご参照下さい。

V2.02.19.00

リリース日:2020/09/11
仕入付随費用状況照会
範囲指定のプロジェクトコードにF5検索機能がついていなかった不具合を修正しました。
商品購買見積依頼書印刷
ユーザ帳票テンプレートについて、エクセルテンプレートをPDF化し、メールに添付して送信する機能を追加しました。
詳細はUG、CMN管理者編(章)、ユーザ帳票テンプレート(節)、メール送信機能(項)をご参照下さい。”
発注伝票印刷
汎用発注書で以下の項目を出力できるようにしました。
ヘッダ部分:
・購買申請伝票番号
・ヘッダ仕入ユーザ定義コード・名称1~10
・ユーザ定義名称
・ユーザ定義メモ
明細部分:
・明細ユーザ定義コード3~10
・明細ユーザ定義名称1~10
・明細消費税取引区分名
・明細消費税率正式名
・当初納期日
商品購買依頼入力
ユーザ定義のタブを追加し、以下の項目を対応できるようにし、発注伝票にも転記できるようにしました。
・ユーザ定義コード
・ユーザ定義名称
・ユーザ定義メモ
商品購買依頼入力
会社別オプション「MST商品名2利用方法区分」が「2:摘要明細を利用する」の場合、商品コード入力時に摘要明細に商品マスターの商品名2を転記するようにしました。
仕入タイプマスター
消費税計算単位区分を追加しました。

V2.02.18.06

リリース日:2020/09/09
発注伝票印刷
発注伝票をメール送信した際に、送信していない伝票の印刷実行区分がオンになる場合がある不具合を修正しました。

V2.02.18.03

リリース日:2020/08/14
発注明細照会
範囲指定に購買申請伝票番号をディフォルト非表示で追加しました。

V2.02.18.01

リリース日:2020/08/14
商品購買見積依頼書印刷
ユーザ帳票テンプレートに対応しました。

V2.02.18.00

リリース日:2020/08/14
仕入付随費用実績配賦
配賦基準パターンを利用しての在庫取引明細を配賦基準とする運用の場合に、在庫取引明細を検索するための詳細範囲指定画面を追加しました。「配賦基準-在庫取引明細」タブの右端にある双眼鏡ボタンでご利用になれます。
発注伝票
検索画面に以下の項目を追加しました。
・購買申請番号

V2.02.16.00

リリース日:2020/06/11
仕入付随費用入力
通貨コード変更時に、不要な現地通貨換算レートの小数点桁数チェックでエラーになる不具合を修正しました。
仕入付随費用入力
入力済みの伝票を呼び出し、付随費用明細の明細を追加しようとすると、購買原価取引コードマスターの消費税取引区分を取得していたため、伝票消費税請求区分マスターの消費税取引区分仕入を取得するよう修正しました。

V2.02.15.00

リリース日:2020/05/22
仕入伝票外部データ取込
仕入実績発注確認仕入計上区分が「実行する」の場合に、仕入数量0、外部システム発注残完了区分がTの外部データを取り込むと、キャンセル処理をするよう改善しました。

V2.02.14.02

リリース日:2020/04/18
加工指示
加工明細タブにおいて、投入行の出庫元ファシリティの在庫評価方法が「事後先入れ出し法」の場合、投入単価をディフォルトセットするように改善しました。

V2.02.14.01

リリース日:2020/04/18
仕入タイプマスター
グリッドのユーザグループ名コラムを編集不可に変更しました。

V2.02.14.00

リリース日:2020/04/18
仕入タイプマスター
入力フィールド設定タブで、一部の購買原価取引ヘッダのフィールドを右グリッドに移動させる際、購買原価取引明細のフィールドとしてレコードが登録される不具合を修正しました。
加工指示
調達ファシリティ商品マスター未登録の商品コードを入力してエラーが発生した場合、商品集計コードはセットされるべきではありませんが、セットされてしまう不具合を修正しました。
発注伝票完了戻し
SVP発注伝票も完了戻し処理できてしまう不具合を修正しました。
発注伝票入力
システム日の会計期間が本締め済み、かつ、ユーザフォームオプションマスターで「日付ディフォルトセット方法」を「システム日(ディフォルト)」に設定している場合、下記の修正を行いました。
・伝票を手入力する際は、伝票の日付にシステム日を自動セットしないようしました。
・伝票を複写する際は、日付を指定できるダイアログを表示するようにしました。
仕入付随費用入力
システム日の会計期間が本締め済み、かつ、ユーザフォームオプションマスターで「日付ディフォルトセット方法」を「システム日(ディフォルト)」に設定している場合、下記の修正を行いました。
・伝票を手入力する際は、伝票の日付にシステム日を自動セットしないようしました。
・伝票を複写する際は、日付を指定できるダイアログを表示するようにしました。”
仕入伝票入力
システム日の会計期間が本締め済み、かつ、ユーザフォームオプションマスターで「日付ディフォルトセット方法」を「システム日(ディフォルト)」に設定している場合、下記の修正を行いました。
・伝票を手入力する際は、伝票の日付にシステム日を自動セットしないようしました。
・伝票を複写する際は、日付を指定できるダイアログを表示するようにしました。

V2.02.13.02

リリース日:2020/03/19
発注伝票入力
伝票の複写時に、当初納期日はブランクになるようにしました。
この修正により複写後の保存時に、当初納期日に入庫日がディフォルトセットされるようになります。

V2.02.13.00

リリース日:2020/03/19
発注伝票入力
会社別オプション「PUR発注伝票承認利用区分」が「1:利用しない」場合、他の画面から発注伝票を開く際、承認ボタンが表示されている不具合を修正しました。
商品購買申請入力
購買申請取引コードマスターの「納期指定方法区分」が「2:納期を指定する」の場合、希望納期を変更しても調達指示の消費税率を再取得しない不具合を修正しました。
商品購買申請入力
一括選択で購買支払予定を自動作成するとき、支払条件の決済方法が「電子債権債務」の場合、手形サイトが支払先マスターから転記されない不具合を修正しました。
加工指示
会社別オプションPUR「入り数箱数使用区分CTNPCSUSEST」が未設定時に、ディフォルト値「1:会社全体で利用する」の動作にならず、「3:商品別に決定する」の動作になっていた不具合を修正しました。

V2.02.12.01

リリース日:2020/02/14
輸入入庫手配
範囲指定条件のパラメータ保存を行えるようにしました。
発注伝票印刷
発注状況区分のパラメータ保存ができなくなっている不具合を修正しました。

V2.02.12.00

リリース日:2020/02/14
発注伝票印刷
汎用発注書にロット情報メモを表示できるようにしました。
発注伝票印刷
汎用発注書、汎用資材明細書において担当者、WF承認者の印影を出力できるようになりました。従業員ごとに出力する印影を設定することができます。詳細はCMN管理者編(章)、汎用帳票印刷(節)、セットアップ(項)の承認者印影の設定、担当者印影の設定をご参照ください。
仕入伝票印刷
帳票形式「仕入伝票印刷」に実際レートをディフォルト非表示で追加しました。
詳細はUG 、PUR仕入(章)、仕入伝票印刷(節)、セットアップ:追加出力項目(項)を参照してください。
発注明細照会
発注明細タブの右グリッドに以下ディフォルト非表示の項目を追加しました。
・ロット番号
・ロット情報メモ
・ロット販売情報メモ
・コンテナ番号
・品番コード
・在庫識別番号プロジェクトコード
・在庫識別番号プロジェクト名
仕入付随費用入力
会社別オプション「USRプロジェクト使用区分」がブランク時にデフォルト値「2:プロジェクトは使用しない」にならず、「1:プロジェクトを使用する」の動作になっていた不具合を修正しました。
製作指示入力
ファシリティマスターの取引先倉庫使用区分に従って出庫元名に取引先名か倉庫名を表示するようにしました。

V2.02.11.01

リリース日:2020/01/17
輸入入庫手配
インボイス登録時、仕入伝票明細の受注伝票番号に発注伝票番号が転記される不具合を修正しました。

V2.02.11.00

リリース日:2020/01/17
仕入付随費用入力
ログボタンのクリック時に表示されるログフィールド表示について、フォームテキストにテーブル名が表示されていない不具合を修正しました。
加工指示
加工先、出庫先を入力した際に住所情報を取引先マスターからではなく、(取引先マスターに登録した郵便番号で)郵便番号マスターからセットしてしまう不具合を修正しました。
発注伝票入力
発注伝票入力の際、発注タイプがワークフロー型の個別承認を使う場合、承認後作成された発注ログにて個別承認申請状況区分、承認申請状況区分が更新されない不具合を修正しました。
輸入入庫手配
輸入物流タブにおいて最新表示を行った際に、グリッドで選択している輸入手配伝票と輸入関連物流情報が異なるものになってしまう不具合を修正しました。
加工状況照会
下記コラムを追加しました。
加工指示一覧タブ:
・加工先コード
・出庫先コード
・支払先コード
入出庫伝票一覧タブ:
・出庫元コード
・出庫先コード
・出庫元ファシリティコード
・出庫先ファシリティコード
加工計上一覧タブ:
・加工先コード
・出庫先コード
・支払先コード
商品購買申請入力
申請情報タブで取引申請番号、個別与信取引番号、個別与信承認番号、取引申請ジャンプボタンを非表示項目として追加しました。
商品購買申請入力
受注伝票の取引申請番号を変更した際に、購買申請の取引申請番号が変更されず、受注と購買で取引申請番号が一致しなくなる不具合を修正しました。
製作指示印刷
ユーザ帳票テンプレートに対応しました。
発注伝票印刷
ユーザ帳票テンプレートに対応しました。
納期回答データ受入
発注確認時入出庫予定連動機能を利用している場合に、特定の条件で「ORA-01422: 完全フェッチがリクエストよりも多くの行を戻しました。」というエラーが発生する不具合を修正しました。また、同機能を利用している場合のパフォーマンスを改善しました。

V2.02.10.01

リリース日:2019/11/15
インボイス登録
インボイス登録から作成した仕入伝票が軽減税率に対応していない問題を修正しました。

V2.02.10.00

リリース日:2019/11/15
仕入付随費用検索
「赤黒変種モード」とコラム名が誤っており、「赤黒編集モード」に修正しました。また、「赤黒伝票区分」でコラムヘッダのソートができるよう改善しました。
仕入タイプマスター
・仕入タイプ入力2タブの計上予定確定使用区分をチェックボックスからコンボボックスに変更しました。
・計上予定確定使用区分の選択肢に「D:商品マスターに従って決定する」を追加しました。
発注伝票入力
会社別オプションPUR「発注伝票承認後変更オプション」が「3 : 発注数量・単価・金額の変更不可」の場合に、取引申請番号の承認後変更ができない不具合を修正しました。
商品購買申請入力
受注伝票の調達指示で経過措置対象の消費税率を選択している場合であっても、購買申請の作成時に日付から消費税率を再取得していたので、調達指示で選択した経過措置の消費税率のままになるよう修正しました。
発注伝票入力
その他タブに「取引申請を表示します」ボタンを追加しました。なお、開くにはSOEの取引申請入力メニューの権限が必要です。

V2.02.09.07

リリース日:2019/11/27
納期回答データ受入
発注確認時入出庫予定連動機能を利用している場合に、
特定の条件で「ORA-01422: 完全フェッチがリクエストよりも多くの行を戻しました。」というエラーが発生する不具合を修正しました。また、同機能を利用している場合のパフォーマンスを改善しました。
仕入付随費用実績配賦
明細選択画面に、商品集計レベル、商品集計コードをディフォルト非表示で追加しました。

V2.02.09.06

リリース日:2019/11/14
発注伝票入力
調達商品一括指定入力を利用して商品を転記した商品の箱数が「0」の場合、発注数量が「0」になってしまう不具合を修正しました。
納期回答データ受入
パフォーマンス改善のため非公開

V2.02.09.03

リリース日:2019/10/11
納期回答データ取込
発注確認キャンセル入庫予定再作成機能を追加しました。
詳細は、ユーザーズガイドPUR発注(章)、納期回答データ取込(節)、発注確認キャンセル入庫予定再作成(項)をご参照下さい。
納期回答データ取込
取込可能項目として下記の項目を追加しました。
・インボイス番号
・実際出庫日
・実際入庫日
詳細は、ユーザーズガイドPUR発注(章)、納期回答データ取込(節)、発注更新フィールド(項)をご参照下さい。
納期回答データ取込
実行オプション「検通発注確認検索条件区分」に「3:プロジェクト、商品コード、在庫識別番号」、「4:発注伝票番号、発注伝票明細行」を追加しました。
詳細は、ユーザーズガイドPUR発注(章)、納期回答データ取込(節)、実行オプション(項)、検通発注確認検索条件区分をご参照下さい。
発注確認時入出庫予定連動機能
・発注伝票入庫予定タブの「今回数のある注文明細に複写」ボタンを押した際に受注伝票納品日(着日)もセットするように修正しました。
・発注伝票明細が複数行ある際に、受注発注数量差異のチェックが正しく行われていない不具合を修正しました。
・発注明細が複数行ある伝票を発注確認した際に、今回入庫が0の行も受注発注数量差異のチェックを行っている不具合を修正しました。
・受注伝票納品日が入力済、受注伝票着日がブランクで発注確認した際に、入出庫伝票、受注伝票の着日に受注伝票納品日+物流リードタイムの日付をセットするように修正しました。

V2.02.09.00

リリース日:2019/10/11
仕入債務転送
OSの日付書式がyyyy/mm/dd以外の場合、承認(転送)実行時にエラーが表示される不具合を修正しました。
仕入付随費用債務転送
OSの日付書式がyyyy/mm/dd以外の場合、承認(転送)実行時にエラーが表示される不具合を修正しました。
加工賃債務転送
OSの日付書式がyyyy/mm/dd以外の場合、承認(転送)実行時にエラーが表示される不具合を修正しました。
PUR-発注メニューツリー構成変更
・発注明細照会、発注状況照会メニューの位置を「発注伝票」グループの中に移動しました。
・製作指示書印刷、製作指示状況照会メニューの位置を「製作指示」グループの中に移動しました。
発注伝票入力
仕入伝票入力画面の仕入明細タブや発注伝票入力画面の発注明細タブから開くことのできる調達商品一括指定入力画面において、箱数入り数・バラ数の商品明細への転記に対応しました。
詳細はUG、PUR発注(章)、調達商品一括指定入力(節)、▲フォーム別オプション(項)、・元伝票箱数入り数複写区分をご参照ください。
発注伝票履歴外部データ転送
転送予定を利用した発注伝票履歴の外部データ転送を行っている場合で、更新時転送対象でないフィールドを更新した際に該当行の再作成区分がU(更新)となる不具合を修正しました。
詳細はUGのPUR発注、発注伝票入力(節)、備考その他情報(項)、▲発注伝票再生成区分をご参照ください。
発注伝票印刷
・発注伝票タブの仕入先名のコラムに発注伝票の仕入先名を表示するように修正しました。また、仕入先名略式をディフォルト非表示で追加しました。
・印刷実行区分をオンにして印刷キャンセル日をセットし、保存する前に印刷実行区分をオフにした際に、印刷キャンセル日をブランクにするように修正しました。
・印刷指示番号がブランクで、印刷又は指示番号を転記しようとした際に、エラーになるように修正しました。
・指示番号がブランクの状態で転記した場合はセットしないように修正しました。
・発注伝票タブで編集後、画面を閉じようとした際に、編集破棄チェックがかかるように修正しました。
・副言語対応漏れを対応しました。
発注状況照会
範囲指定タブの基本情報グループに追加表示項目として発注承認日を追加しました。
発注状況タブの左グリッドに支払予定日を正式名で表示するように変更しました。
発注伝票入力
物流他タブに追加表示可能項目として印刷キャンセル日を追加しました。
発注状況照会
グリッドに「仕入先名略式」を追加表示可能項目で追加しました。

V2.02.08.07

リリース日:2019/10/02
発注確認時入出庫予定連動機能
発注伝票の入庫予定・発注確認タブの「今回数のある注文明細に複写」ボタンを押した際に、「受注伝票納品日」「受注伝票着日」もコピーするように変更しました。
また、明細行が複数ある発注伝票を発注確認すると、受注明細未指示数と発注明細今回入庫数の比較が正しく行われていなかった問題を修正しました。

V2.02.08.05

リリース日:2019/09/13
発注確認時入出庫予定連動機能
発注確認時に、入庫予定を立てると同時に連動して出庫予定を生成する機能をリリースしました。機能詳細は、PUR発注(章)、発注確認時入出庫予定連動機能(節)をご参照ください。
発注伝票入力
調達商品一括指定入力から商品を取込を行う場合、取引先商品パターンから商品名をセットするようにしました。

V2.02.08.04

リリース日:2019/09/13
発注伝票印刷
汎用発注書、汎用資材明細書のユーザ帳票オプションの補助名使用区分を「2:常に補助名を表示」にしていた場合、「3:常に補助名を表示(取引先等除く)」に変更します。
補助名使用区分の仕様変更による既存動作を変更しないようにするためです。

V2.02.08.03

リリース日:2019/09/13
発注伝票入力
調達指示タブに、箱数、箱単位、入り数、バラ数をディフォルト非表示で追加しました。
商品マスターの箱単位が売上と仕入で同一かつ、調達ファシリティ商品マスターの入り数がブランクの場合に、受注明細の箱数、入り数、バラ数を調達指示、発注伝票に転記します。
また、受注明細照会につきましても、同様の項目をディフォルト非表示で追加しました。”

V2.02.08.00

リリース日:2019/09/13
仕入伝票入力
伝票予定原価が確定済みの仕入伝票を赤黒処理する際に、原伝票の付随費用実績配賦を解除するをチェックオンにしていると表示されるエラーメッセージの内容が分かりにくかったものを以下のように修正しました。
「伝票予定原価確定済の為、実績配賦解除が出来ません。伝票別原価差額確定で確定解除を行って下さい。」”
仕入付随費用実績配賦
会社別オプションPUR「仕入付随費用配賦基準」が「8:配賦基準パターンに従う」設定であり、配賦基準パターンマスターの配賦基準区分が在庫取引明細を基準とするの設定の場合に表示される配賦基準-在庫取引明細タブに、原伝票と赤伝票を配賦対象外とするチェックボックスを追加しました。
汎用発注書
以下の条件のときに「再発行」ラベルが表示されない問題を修正しました。
受発注の発注伝票を一度発注書印刷した後、元の受注伝票を受注キャンセルし、その際に生成したマイナス金額のキャンセルの発注伝票を発注書印刷する。
発注伝票入力
発注伝票入力、仕入伝票入力から商品見積問合せ画面を呼び出し、最新表示すると、得意先コードが存在しないというエラーが表示される不具合を修正しました。
外部仕入注文書
外部仕入注文書に発注伝票ヘッダの仕入先郵便番号が出力できない不具合を修正しました。

V2.02.07.06

リリース日:2019/09/13
仕入付随費用実績配賦
会社別オプションPUR「仕入付随費用配賦基準」が「8:配賦基準パターンに従う」設定であり、配賦基準パターンマスターの配賦基準区分が在庫取引明細を基準とする設定の場合に表示される配賦基準-在庫取引明細タブに、原伝票と赤伝票を配賦対象外とするチェックボックスを追加しました。
発注伝票印刷
汎用発注書、汎用資材明細書のユーザ帳票オプションの補助名使用区分を「2:常に補助名を表示」にしていた場合、「3:常に補助名を表示(取引先等除く)」に変更します。
補助名使用区分の仕様変更による既存動作を変更しないようにするためです。

V2.02.07.05

リリース日:2019/09/10
外部仕入注文書
ヘッダの仕入先の郵便番号を出力しない問題を修正しました。

V2.02.07.00

リリース日:2019/08/16
製作指示入力
単品管理ファシリティに出庫する場合、伝票を再承認した際に
「ORA-06502:PL/SQL:数値または値のエラー: 文字から数値への変換エラー。」
というエラーメッセージが表示される場合がある不具合を修正しました。
発注伝票印刷
・ユーザ帳票オプション「補助名表示区分」が「2:常に補助名を表示」の場合、「得意先」と同様、「仕入先」、「商品」についても、各マスターから補助名を取得して表示するようにしました。
・ユーザ帳票オプション「補助名表示区分」に「3:常に補助名を表示(取引先等除く)」を追加しました。「仕入先」、「商品」、「得意先」については、伝票上の名称を表示します。
債務転送
仕入返品など、マイナスの債務取引の金額がプラスで表示される不具合を修正しました。
仕入付随費用、加工賃債務転送も同様の修正を行いました。
仕入付随費用実績配賦
ヘッダ「関連物流手配番号」に、存在しない物流手配番号を入力した際、エラーになるよう修正しました。
商品購買申請入力
通貨が基準通貨、かつ購買支払予定明細が複数行存在する場合、行ごとの消費税額がずれる場合がある不具合を修正しました。
仕入伝票外部データ取込
外部データの仕入計上日が締め済みであった場合、締め前会計期間の最初の日付で仕入計上を行うようにしました。
エラーメッセージに外部システム仕入伝票番号、明細行を追加し、エラーの行を特定しやすくしました。

V2.02.06.18

リリース日:2019/09/26
発注伝票印刷
以下の不具合を修正致しました。
・副言語環境において、発注伝票タブのグリッドの各名称に補助名がセットされない
・英語環境において、発注伝票タブの左上グリッドの個別申請状況区分名のコラム名が英語表示にならない。
発注状況照会
グリッドに「仕入先名略式」を追加表示可能項目で追加しました。

V2.02.06.17

リリース日:2019/09/24
発注伝票印刷
・発注伝票タブの仕入先名のコラムにに発注伝票の仕入先名を表示するように修正しました。
・印刷実行区分をオンにして印刷キャンセル日をセットし、保存する前に印刷実行区分をオフにした際に、印刷キャンセル日をブランクにするように修正しました。
・印刷指示番号がブランクで、印刷又は指示番号を転記しようとした際に、エラーになるように修正しました。
・発注伝票タブで編集後、画面を閉じようとした際に、編集破棄チェックがかかるように修正しました。
発注状況照会
範囲指定タブの基本情報グループにディフォルト非表示で発注承認日を追加しました。
発注状況タブの左グリッドに支払予定日を正式名で表示するように修正しました。
発注伝票入力
物流他タブに印刷キャンセル日を追加しました。

V2.02.06.16

リリース日:2019/09/17
発注伝票印刷
・発注伝票タブヘッダ右グリッドの印刷キャンセル日、ダミーコラムを編集できないように修正しました。
・「保存」、「全てチェック」、「全てチェックを外す」ボタンにショートカットキーを設定しました。
・印刷指示番号を転記した際に、すでに入力されている行に対しても印刷指示番号を転記するように修正しました。
フォーム別オプション「伝票印刷関連フィールド変更許可区分」が「30 : 許可する(印刷キャンセル日)」の場合
・印刷実行区分をオフにした際、印刷キャンセル日をブランクにしないように修正しました。
・印刷キャンセル日に日付が入力済みの場合に、印刷キャンセル日をオンにした際、印刷キャンセル日を更新しないように修正しました。

V2.02.06.15

リリース日:2019/09/09
汎用発注書
以下の条件のときに「再発行」ラベルが表示されない問題を修正しました。
受発注の発注伝票を一度発注書印刷した後、元の受注伝票を受注キャンセルし、その際に生成したマイナス金額のキャンセルの発注伝票を発注書印刷する。
発注伝票入力
発注伝票入力、仕入伝票入力から商品見積問合せ画面を呼び出し、最新表示すると、得意先コードが存在しないというエラーが表示される不具合を修正しました。

V2.02.06.08

リリース日:2019/07/23
発注伝票印刷
・出力オプション「印刷済みの発注書を対象とする」、「再発行の発注書を対象とする」の範囲指定が発注伝票タブのグリッドにかかるように改善しました。
・画面を拡大した際に、発注伝票タブのグリッドも拡大するように改善しました。

V2.02.06.07

リリース日:2019/07/22
発注状況照会
範囲指定項目の仕入先集計コードを入力した際に、マスターチェックをかけないように修正しました。
発注伝票印刷
・元伝票コードのコンボボックスに表示される項目の名称、順序をPUR発注明細照会の同コンボボックスに合わせました。
・伝票印刷関連フィールド変更許可区分に「20:許可する(印刷実行日)」のオプションを追加しました。詳細はUG、PUR発注(章)、発注伝票印刷(節)、フォーム別オプション(項)をご参照下さい。
発注状況照会
元伝票コードのコンボボックスに表示される項目の名称、順序をPUR発注明細照会の同コンボボックスに合わせました。

V2.02.06.06

リリース日:2019/07/12
発注伝票印刷
・発注伝票タブを新規追加しました。詳細はUGのPUR発注(章)、発注伝票印刷(節)、発注伝票タブ(項)をご参照ください。
・出力範囲タブの範囲指定項目に発注タイプ、伝票発行方法、元伝票コード、元伝票番号、元伝票本支店、印刷キャンセル日を追加しました。
・フォーマットタブの出力オプションに「再発行の発注書を対象とする」を追加しました。
発注状況照会
発注状況照会画面を新規追加しました。
詳細はUGのPUR発注(章)、発注状況照会(節)をご参照ください。

V2.02.06.05

リリース日:2019/07/12
発注伝票外部データ取込
以下の画面でジョブスケジュール機能に対応しました。
・発注伝票外部データ取込
・発注伝票変更外部データ取込
仕入赤処理時残数戻し
仕入赤処理時残数戻し機能において、入庫明細行の戻し処理が正しく行われない不具合を修正しました。

V2.02.06.04

リリース日:2019/07/12
発注伝票入力
発注伝票ヘッダに伝票発行方法を追加しました。

V2.02.06.03

リリース日:2019/07/12
発注伝票印刷
チェックボックス「受注再発行分のみ印刷対象とする」をディフォルト非表示に変更しました。
汎用発注書において、受注キャンセル、再発行を識別する「受注再発行ラベル」の識別方法をUGに記載のように変更しました。詳細は、UG、PUR発注(章)、汎用発注書1~5(節)、ヘッダ部分(項)、受注再発行ラベルをご参照ください。

V2.02.06.02

リリース日:2019/07/12
仕入先・支払先照会
購買関係タブに伝票発行方法を追加しました。

V2.02.06.00

リリース日:2019/07/12
発注伝票入力
受注発注運用において、受注を承認し発注伝票を作成した後、受注明細を削除し(受注状況:承認中)、発注確認を行うと、「ORA-01403 データがありません」というエラーが出ていたため、再承認を促すメッセージを表示するよう修正しました。
仕入伝票入力
[USR入力期間制御マスター]による「PUR仕入伝票入力]画面の「入力日」チェックが、「PUR仕入伝票入力]画面を開く際のパターンにかかわらず確実に機能するようになりました。
発注伝票入力
受注伝票からジャンプした発注伝票で伝票取引先情報画面を開いた際に、ラベルの名称が正しく表示されない不具合を修正しました。
仕入先区分マスター
仕入先区分マスターに伝票発行方法を追加しました。
仕入先マスター
仕入先マスターに伝票発行方法を追加しました。
発注伝票外部データ取込
伝票発行方法のデータ取込に対応しました。
発注伝票自動生成
発注伝票自動生成した際、仕入先マスターから伝票発行方法コードを転記できるようにしました。
商品購買申請入力
購買申請を利用して発注伝票を作成する場合、発注伝票、発注条件タブの伝票発行方法を仕入先マスター、購買関係の伝票発行方法から転記するように致しました。
受注伝票入力
受注承認によって発注伝票を生成する際、仕入先マスターから伝票発行方法を転記できるようにしました。
仕入先マスター一覧照会 伝票発行方法を仕入先一覧タブの左グリッドに追加しました。
仕入伝票入力
赤黒処理による黒伝票作成時、黒伝票の仕入計上日を考慮して黒伝票に支払予定日をセットするよう修正しました。
詳細はUG、PUR仕入(章)、仕入伝票入力(節)、赤黒処理の使用方法(項)、▲支払予定日、および▲支払予定タブの支払予定日・変更後予定日、をご参照下さい。
発注伝票入力
得意先に登録されていない仕入先(取引先)を入力している状態で、商品見積問い合わせ画面を開いた際に不適切なメッセージが表示される不具合を修正しました。
仕入伝票外部データ取込
①仕入実績発注確認仕入計上処理を行う際の以下の不具合を修正しました。
・外部システム仕入伝票D(ExtPurD)が生成されない。
・原、赤、黒伝票を同時に取込んだ際にエラーになる。
・「横の分納」の際にエラーになる。
②仕入実績発注確認仕入計上処理を行う際の以下の改善を行いました。
・仕入計上日が出庫予定日よりも早い日付の場合、出庫予定日に仕入計上日をセットするようにしました。以前は仕入計上日に出庫予定日がセットされていました。
・同一伝票の赤処理を行うデータが複数行存在する場合でもエラーにならないようにしました。

V2.02.05.01

リリース日:2019/06/14
<b<>仕入伝票外部データ取込
仕入実績取込の場合に同一発注明細に対して同じ外部仕入伝票ヘッダの複数明細が発生する際、取り込み処理が失敗する不具合を修正しました。
発注伝票印刷
発注伝票エクセルテンプレート – 商品別(受注発注)で、「受注伝票出庫指示H – 入出庫・送り状メモ」項目を出力できるように変更しました。
発注伝票入力
購買申請から作成した発注伝票の仕入伝票に赤処理を行い、再度同じ購買申請から支払予定を分割して発注伝票を作成した場合に発注伝票の支払予定の金額が不正になる不具合を修正致しました。

V2.02.05.00

リリース日:2019/06/14
商品購買申請入力
元伝票情報複写を押す際に、部署1/2、役職、担当者の情報が複写されないように修正しました。

V2.02.04.01

リリース日:2019/05/17
仕入債務転送
債務計上伝票作成処理を行った場合、一時的に利用するワークテーブルのレコードが削除されずにデータベースに残り続けてしまう場合がある問題を修正しました。

V2.02.04.00

リリース日:2019/05/17
仕入債務転送
債務計上伝票タブの上グリッドに未払金区分が2つあるので1つを未払金区分名に修正致しました。
商品購買申請入力
一括選択して作成したデータの並び順が一意になるように修正しました。
仕入伝票入力
赤伝票作成時、会社別オプションSOE赤伝票処理時残数戻し区分が「3:都度決定する」の場合に、受注残・発注残戻し処理を行うのチェックボックスを選択できるように修正しました。
商品購買申請入力
支払予定に為替予約が引き当てられていた場合に、購買申請をキャンセルするとエラーになるように修正しました。
発注伝票外部データ取込
ファイル読込時、発注伝票ヘッダタブの「現地通貨換算レート」に外貨換算レートマスターの「換算レート」ではなく、「現地通貨換算レート」をセットするように修正しました。
仕入伝票外部データ取込
外部システム仕入伝票明細テーブルに、入出庫原価、入出庫取引金額フィールドを追加しました。
仕入実績取込の場合に、上記フィールドを取り込むと、入出庫確認前に、入出庫原価と入出庫取引金額を更新します。
仕入伝票入力
在庫取引金額と在庫取引金額本体で金額の差がある場合、赤処理で金額が正しく処理されない不具合を修正致しました。
仕入伝票入力
仕入赤処理時、原伝票の付随費用実績配賦を解除しなかった場合に付随費用をマイナス処理していたものを、マイナス処理せずに付随費用には0をセットするように修正しました。
仕入伝票入力
仕入承認後変更時に在庫原価が更新される不具合を修正致しました。
仕入伝票外部データ取込
仕入実績取込を利用し、取込データの仕入日が、発注明細の予定出庫日よりも前の場合に、入出庫伝票の入庫日を仕入日で更新せずに、入出庫伝票の出庫日に合わせて更新します。
仕入伝票外部データ取込
仕入実績取込において、削除区分「1」で取り込み、仕入伝票の赤伝票を生成する場合に、赤伝票の仕入日を指定することができるよう修正しました。
仕入伝票外部データ取込
仕入実績取込において、受注発注の元伝票(受注伝票、製作指示伝票)明細および調達指示明細の原価に、取り込んだ入出庫原価が反映されるよう修正しました。
仕入債務転送
副言語で実行した際、債務計上伝票タブの計上明細グリッドで軽減税率区分が表示されない不具合を修正致しました。

V2.02.03.18

リリース日:2019/07/11
発注伝票印刷
チェックボックス「受注再発行分のみ印刷対象とする」をディフォルト非表示に変更しました。
汎用発注書において、受注キャンセル、再発行を識別する「受注再発行ラベル」の識別方法をUGに記載のように変更しました。詳細は、UG、PUR発注(章)、汎用発注書1~5(節)、ヘッダ部分(項)、受注再発行ラベルをご参照ください。

V2.02.03.13

リリース日:2019/06/05
発注伝票印刷
発注伝票エクセルテンプレート – 商品別(受注発注)で、「受注伝票出庫指示H – 入出庫・送り状メモ」項目を出力できるように変更しました。

V2.02.03.06

リリース日:2019/04/19
発注伝票印刷
汎用発注書において、印刷後に作成元の受注のキャンセル再発行を行った場合に、再発行した発注書を元の発注書と区別して出力できるようになりました。
・印刷指示画面に「受注再発行分のみを印刷対象とする」チェックボックスを追加しました。
・作成元の受注伝票の「原伝票番号」、および再発行を識別するラベルの追加表示が可能になりました。

V2.02.03.00

リリース日:2019/04/19
仕入伝票入力
会社別オプションPUR外貨取引入力区分が「2:使用しない」の場合に仕入計上金額が表示されない不具合を修正しました。
発注伝票入力
保存、発注確認する際に、出庫予定日がブランクの場合のエラーメッセージをわかりやすいように改善しました。
発注伝票印刷
印刷指示画面に約款タブを追加し、画像ファイルを指定することで、発注伝票毎の最終ページに画像を表示する機能を追加しました。
仕入伝票入力
1、在庫充足にもかかわらず、マイナス仕入数量の仕入伝票で赤黒同時処理したら不適切なエラーが発生する不具合を修正しました。
2、行移動せずに赤黒処理を実行するとマイナス在庫を生成できてしまう不具合を修正しました。
発注伝票入力
会社別オプションのPUR外貨取引入力区分を「2:使用しない」にすると、計上通貨が表示されなくなってしまう不具合を修正しました。
また、計上通貨を編集不可にしました。

V2.02.02.02

リリース日:2019/03/27
発注伝票外部データ取込
調達ファシリティ商品マスターの仕入単位換算係数がブランクの場合、発注在庫単位数量が計算されずブランクだったものを、仕入単位換算係数を1として計算するように修正しました。

V2.02.02.00

リリース日:2019/03/27
汎用発注書
汎用発注書のヘッダに金額の合計情報を追加追加致しました。
詳細はUG、PUR発注(章)、汎用発注書1~5(項)、ヘッダ部分(節)をご参照下さい。
発注伝票外部データ取込
未払金区分を指定したファイルを取込むと、エラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
発注伝票入力
受注発注で作成された発注伝票の承認時、キャンセルする発注明細行については、在庫原価がブランクかどうかのチェックを行わないよう修正しました。
発注伝票入力
会社別オプションPUR「発注伝票ログ生成区分」が未設定、または「1:生成しない」の場合でも、ログが生成される不具合を修正しました。
仕入先マスター
仕入先マスターヘッダ削除時に調達ファシリティ取引先マスターを削除しない不具合を修正しました。
加工指示
ファシリティマスターの在庫評価方法区分が「商品Mの商品管理区分に従う」のファシリティコードを使って、加工構成を入力すると保存時にエラーになる不具合を修正しました。
発注伝票入力
発注ログを取得するセットアップで、明細状況区分がキャンセルの行について前回ログから変更がない場合に発注伝票再作成区分に「N」をセットするように変更しました。

V2.02.01.14

リリース日:2019/10/25
商品購買申請入力
受注伝票の調達指示で経過措置対象の消費税率を選択している場合であっても、購買申請の作成時に日付から消費税率を再取得していたので、調達指示で選択した経過措置の消費税率のままになるよう修正しました。

V2.02.01.10

リリース日:2019/06/10
発注伝票入力
購買申請から作成した発注伝票の仕入伝票に赤処理を行い、
再度同じ購買申請から支払予定を分割して発注伝票を作成した場合に
発注伝票の支払予定の金額が不正になる不具合を修正致しました。”

V2.02.01.05

リリース日:2019/02/28
発注伝票入力
承認後に個別与信取引番号を変更できる機能を追加いたしました。
詳細は、SOE概要(章)、与信管理(節)、個別与信取引番号承認後変更(項)をご参照下さい。
商品購買申請入力
受注伝票の取引申請番号を変更した際、変更後の取引申請番号が購買側与信管理を行わない場合、購買申請の取引申請番号はブランクにするように改善しました。

V2.02.01.03

リリース日:2019/02/15
発注伝票入力
承認後、購買支払予定の再作成を行い、再度承認を行うと、下記のエラーになる不具合を修正しました。
「削除された行を通して、その行の情報にアクセスすることはできません。」”

V2.02.01.01

リリース日:2019/02/15
仕入伝票入力
同じ購買支払予定取引金額で前払い済みの購買支払予定行が複数ある場合、仕入伝票の購買支払予定が重複して表示される不具合を修正しました。
発注伝票入力
承認後、個別与信取引番号を発注タイプの「個別与信変更後承認許可区分」で制御できるようにいたしました。
詳細は、SOE概要(章)、与信管理(節)、個別与信取引番号承認後変更(項)をご参照下さい。
また、支払予定タブに個別与信取引番号を追加しました。
商品購買申請入力
承認後、個別与信取引番号を発注タイプの「個別与信変更後承認許可区分」で制御できるようにいたしました。
詳細は、SOE概要(章)、与信管理(節)、個別与信取引番号承認後変更(項)をご参照下さい。
また、支払予定タブに個別与信取引番号を追加しました。
商品購買申請入力
受注伝票の取引申請番号⇒取引申請タイプマスターの「仕入先登録チェック区分」が「ノーチェック」、かつ「購買情報詳細」がチェックオフの場合、購買申請の一括選択で取引申請番号のセットを行わないように修正しました。
発注タイプマスター
発注タイプマスター画面に「個別与信承認後変更許可区分」を追加しました。

V2.02.01.00

リリース日:2019/02/15
加工指示
加工タイプマスターへ明細摘要備考生成方法コードを追加しました。
加工指示伝票の加工タイプを変更すると、明細摘要にヘッダの摘要をセット、加工タイプ名をセット、もしくは何もセットしないようにできます。
詳細は、ユーザーズガイドPURセットアップ(章)、加工タイプマスター(節)、加工タイプ入力3タブ(項)、摘要備考生成方法コードをご参照ください。
仕入付随費用入力
支払予定日に、仕入付随費用計上年月日の前日付を入力できないように修正しました。
加工指示
加工構成利用時に、構成明細タブに在庫管理対象外区分がオンの商品を入力すると、エラーメッセージが出るように修正しました。
発注伝票外部データ取込
購買取引金額を調達ファシリティ商品マスター「仕入単価適用単位区分」に従って以下の通りに計算するように修正しました。
仕入単位: 実際発注単価 × 発注数量
在庫単位: 実際発注単価 × 発注在庫単位数量
箱単位: 実際発注単価 × 箱数
加工指示
完成行が複数存在する加工指示をコピーもしくはキャンセル再発行してから、承認あるいは保存すると、最終投入行の依頼数が不整合になる不具合を修正しました。
仕入伝票外部データ取込
発注確認済みで出庫予定が立っている発注伝票の仕入実績取り込みをした際にエラーが出てしまう不具合を修正しました。

V2.02.00.00

リリース日:2019/01/18
加工タイプマスター
加工タイプ入力3タブにヘッダ摘要備考生成方法コードを追加しました。
発注伝票入力
以下の画面の伝票承認ボタンにショートカット(Alt+A)を設定しました。
発注伝票入力
発注伝票承認
発注伝票一括承認
仕入伝票入力
仕入伝票承認
加工計上
仕入付随費用入力
仕入付随費用承認
仕入付随費用実績配賦
発注伝票一括承認
承認実行時、エラーが発生して承認できなかった場合に「1件の発注伝票の承認を実行しました。」のメッセージが出ていたのを出ないように修正しました。
発注伝票外部データ取込
輸入情報関連(簡易版)のデータ取込みに対応しました。
発注伝票入力
会社別オプション「商品名2利用方法区分」が「2:摘要明細を利用する」の場合に受注明細摘要を発注明細摘要に転記するように修正しました。
仕入付随費用入力
仕入付随費用伝票検索画面にて、赤黒編集モードを設定後検索実行せずにOKをクリックすると、エラーが発生して赤伝票を作成できない不具合を修正しました。
商品購買申請入力
工程計上を利用して仕入計上する取引において
仕入計上の赤処理時、購買申請の状況区分も変更されるように修正しました。”
仕入明細照会
仕入明細タブの右グリッドに購買消費税取引額を追加しました。
発注伝票入力
発注状況区分でグリッドの並び変えを行い、複数行の一部をキャンセルすると、仕入先確認済み等の行があるにも関わらず、ヘッダの発注状況区分がキャンセルになる不具合を修正しました。
発注明細照会
発注明細照会の結果は0件で発注伝票へジャンプするとエラーが起きる不具合を修正しました。

V2.01.62.08

リリース日:2019/01/28
発注伝票変更外部データ取込
・キャンセル数、入庫済数、入庫予定数が全て0の発注明細のみを更新対象とするよう修正しました。
・エラーの明細があった場合に、更新後のヘッダ合計金額が不正になる点を修正しました。
・在庫原価が更新されない点を修正しました。
・発注ヘッダの外貨換算レート更新時に、輸入情報の外貨換算レートが更新されない点を修正しました。
・外貨換算レートの小数点桁数チェックに対応しました。
・発注数量にマイナスの数値を入力するとエラーになるよう改善しました。

V2.01.62.06

リリース日:2019/01/07
発注伝票外部データ取込
発注伝票ヘッダの取込件数が正しく表示されない不具合を修正しました。

V2.01.62.05

リリース日:2018/12/21
発注伝票変更外部データ取込
新メニュー「発注伝票変更外部データ取込」を追加しました。
外部システムのデータを取り込み、特定のフィールドについて、Plaza-i発注伝票を一括自動更新します。
詳細はユーザーズガイド、PUR発注(章)、発注伝票変更外部データ取込(節)をご参照ください。

V2.01.62.03

リリース日:2018/12/21
仕入伝票入力
発注残を戻す設定の場合、仕入の赤処理を行った時、作成された赤の「入出庫H外貨換算レート割当」と「購買支払予定(仕入)」で生成元の購買支払予定情報が不一致になる不具合を修正しました。

V2.01.62.02

リリース日:2018/12/21
発注伝票入力
会社別オプションPUR「発注伝票ログ生成区分」を「2:生成する」にして、発注確認を実行した際に発注変更日入力ダイアログが表示されないようにしました。
発注伝票入力
発注変更日を最新ログの発注変更日より前の日付にして、発注ログを作成すると、作成された発注ログの発注変更日の日付が不正になる不具合を修正しました。

V2.01.62.01

リリース日:2018/12/21
仕入伝票入力
商品明細タブの在庫識別番号でF5検索を使用できるように改善致しました。

V2.01.62.00

リリース日:2018/12/21
加工指示
加工取引区分が投入の明細行の出庫元ファシリティの在庫評価方法が混在する場合、保存時にエラーとするよう改善しました。
仕入付随費用入力
承認後に下記項目が常に変更できた不具合を修正致しました。
・輸出入区分
・船荷証券番号
・入出荷番号
・伝票コード
・元伝票番号
・仕入付随費用配賦番号
・付随費用明細摘要
・配賦方法
・配賦番号番号
詳細は、PUR仕入(章)、仕入付随費用入力(節)、承認後変更(項)をご参照下さい。
加工指示
加工先に仕入先マスターに登録されていない取引先を入力できないようにしました。
仕入伝票入力
承認済みの伝票でヘッダ伝票削除ボタンをクリック出来ないよう改善致しました。
改善前は、承認済みの伝票でヘッダ伝票削除ボタンをクリックした場合、エラーメッセージを表示していました。
船積予定情報照会
パラメータ保存機能を追加しました。
送金支払依頼書
お支払期限のフォーマットをキャプションマスターの「指定のフォーマット」に対応するようにしました。
ディフォルトは”yyyy/MM/dd”です。
従来通り”yyyy年MM月dd日”で表示したい場合はユーザキャプションマスターの日付フォーマットを設定してください。
仕入伝票印刷
仕入伝票印刷をメニューに追加しました。
仕入付随費用入力
仕入タイプの非使用区分が「使用不可」の場合に、仕入付随費用伝票の保存、承認処理が出来てしまう不具合を修正しました。
送金支払依頼書
単価が小数点2桁で決め打ちになっていた不具合を修正しました。
商品購買依頼入力
下記画面において、出庫先を変更しても、部署情報(部署1,2、役職、個人名)が変更されない不具合を修正しました。
・商品購買依頼入力
・商品購買申請入力
・商品購買見積依頼入力
・商品購買見積入力
・商品購買見積確定
仕入付随費用入力
明細プロジェクトコードの承認後変更時、承認後変更が認められない場合のエラーメッセージが不適切だったので修正しました。
発注伝票入力
発注伝票側の支払予定日と債務側の支払予定日が一致していない場合、発注伝票の支払予定タブにおいて以下の3項目が正しく取得できない不具合を修正しました。
・債務実際支払取引金額
・債務実際支払計上金額
・債務実際支払日
船積予定情報照会
ヘッダ最新表示ボタンにショートカットキーを設定しました。また、ヘッダ最新表示ボタンのヒントを「最新表示」から「最新表示(Alt+Q)」に変更しました。
輸入入庫手配
ヘッダ最新表示ボタンにショートカットキーを設定しました。また、ヘッダ最新表示ボタンのヒントを「最新表示」から「最新表示(Alt+Q)」に変更しました。
購買プロジェクト採算状況照会
ヘッダ最新表示ボタンにショートカットキーを設定しました。また、ヘッダ最新表示ボタンのヒントを「最新表示」から「最新表示(Alt+Q)」に変更しました。
購買プロジェクト損益状況照会
ヘッダ最新表示ボタンにショートカットキーを設定しました。また、ヘッダ最新表示ボタンのヒントを「最新表示」から「最新表示(Alt+Q)」に変更しました。
計画発注修正
発注明細タブ、自動発注数根拠タブでコラムソートをかけた状態で、下矢印を押すと、行が追加され続けてしまう不具合を修正しました。
発注伝票入力
支払予定を発注確認毎に分割する発注タイプを選択している発注伝票について、為替予約を一部引き当てて計上した仕入伝票の赤処理を行うと、発注の購買支払予定の合計取引金額が赤処理前より減少する不具合を修正しました。
加工指示
購買プロジェクトでの仕入付随費用振替処理機能を追加しました。
詳細は、ユーザーズガイド、PUR概要(章)、購買プロジェクト-仕入付随費用振替処理(節)をご参照ください。
発注伝票入力
入庫予定・発注確認タブのグリッドに追加表示可能項目として「今回箱数」を追加しました。
詳細は、ユーザーズガイド、PUR発注(章)、発注伝票入力(節)をご参照ください。
送金支払依頼書
為替予約計上金額、為替予約計上金額合計の項目を追加しました。
仕入月次更新
月次更新時、売上実績配賦で配賦した原価は購買プロジェクト残高Fの原価予定金額から控除する様にしました。
詳細は、ユーザーズガイド、PUR仕入(章)、仕入月次更新(節)をご参照ください。
仕入付随費用外部データ取込
購買プロジェクトオプション採用時、承認処理ができるように対応しました。

V2.01.61.02

リリース日:2018/10/12
伝票予定原価照会
パラメータ保存機能を追加しました。
また、BASユーザ定義サービスマスターの設定を行うことにより、指定のエクセルフォーマットにデータを出力する機能を追加しました。

V2.01.61.01

リリース日:2018/10/12
商品購買申請状況照会
パラメータ保存機能を追加しました。
また、BASユーザ定義サービスマスターの設定を行うことにより、指定のエクセルフォーマットにデータを出力する機能を追加しました。
仕入伝票入力
伝票取引工程計上で作成した仕入伝票の赤黒処理ができない不具合を修正しました。
上記修正を行いましたが、本来、伝票取引工程計上で作成した仕入伝票は、伝票取引工程計上画面において赤黒処理すべきです。
従って、伝票取引工程計上を利用して作成する仕入伝票の仕入タイプには、赤黒伝票利用区分「N:赤黒伝票を利用しない」を設定してください。
加工計上
伝票取引工程計上で作成した加工計上伝票の赤黒処理ができない不具合を修正しました。
上記修正を行いましたが、本来、伝票取引工程計上で作成した加工計上伝票は、伝票取引工程計上画面において赤黒処理すべきです。
従って、伝票取引工程計上を利用して作成する加工計上伝票の加工タイプには、赤黒伝票利用区分「N:赤黒伝票を利用しない」を設定してください。

V2.01.61.00

リリース日:2018/10/12
製作指示状況照会
パラメータ保存機能を追加しました。
また、BASユーザ定義サービスマスターの設定を行うことにより、指定のエクセルフォーマットにデータを出力する機能を追加しました。
付随費用配賦内訳照会
会社別オプション SOE「取引日使用区分」で、オプション取引日を使用しない設定にもかかわらず、範囲指定タブに表示されてしまう不具合を修正しました。
仕入付随費用赤黒
画面を日本語表示している場合、フォームテキストが表示されない不具合を修正しました。
発注伝票承認
英語OS環境で、承認時に「ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません。」という不適切なエラーメッセージが表示されてしまう不具合を修正しました。
発注明細照会
範囲指定タブの「商品」の表示を「商品コード」に変更しました。
仕入明細照会
範囲指定タブの「商品」の表示を「商品コード」に変更しました。
仕入明細照会
範囲指定タブの組織グループのコンボボックスに、入力に関する組織グループが表示される不具合を修正しました。
発注明細照会
範囲指定タブの組織グループのコンボボックスに、入力に関する組織グループが表示される不具合を修正しました。
仕入伝票印刷
以下5つの項目が出力されない不具合を修正しました。
・現地通貨レート
・購買現地通貨金額合計
・購買消費税現地通貨合計
・在庫数量
・コンテナ数
加工計上
以下の条件の場合において、加工計上時に加工計上明細の実際単価を在庫評価単価で更新するように修正しました。
・加工タイプ:加工構成明細利用区分を「利用する」。加工分納利用区分は「分納指示を利用する」。
・出庫元ファシリティ:在庫識別番号採番区分は「手入力または出庫時確定(*入力可)」。在庫評価方法区分は「個別法」。

V2.01.60.18

リリース日:2018/12/19
発注伝票入力
会社別オプションPUR「発注伝票ログ生成区分」を「2:生成する」にして、発注確認を実行した際に発注変更日入力ダイアログが表示されないように改善しました。

V2.01.60.15

リリース日:2018/10/26
加工指示
加工タイプマスターの「加工構成明細利用区分」が「利用する」の場合、伝票の承認後に、「取引区分」が「完成」の行を追加することができない不具合を修正しました。
加工指示
加工タイプマスターの「加工構成明細利用区分」が「利用する」の場合、完成行の加工指示数量を0から一定数に変えることにより、投入行の引当状況が正しくならない不具合を修正しました。

V2.01.60.13

リリース日:2018/10/16
仕入伝票外部データ取込
実行オプション「仕入実績発注確認仕入計上区分」が「2:実行する」の場合、発注伝票に連携する仕入伝票の仕入日が、実際入庫日となっていた不具合を修正しました。
仕入伝票外部データ取込
実行オプション「仕入実績発注確認仕入計上区分」が「2:実行する」の場合、ユーザデータ交換処理マスターで取込ファイル名に「ファイル名の一覧ファイル」を指定すると、先頭のファイル以外の取込処理が行われない不具合を修正しました。
仕入伝票外部データ取込
実行オプション「仕入実績発注確認仕入計上区分」が「2:実行する」の場合、仕入伝票の赤処理時に外部システム仕入伝票Dから当該データを削除するよう修正しました。

V2.01.60.09

リリース日:2018/09/13
加工指示
構成明細を利用する設定において、下記改善を行いました。
・分解時に、親投入行をコピーして保存できないようにしました。
・赤伝票を作成後、当該商品で計上処理が行えなくなる不具合を修正しました。
・ソートした状態で一部フィールドに不適切な値がセットされる不具合を修正しました。
・構成明細取込動作のパフォーマンスを改善しました。
・未計上段階で加工計上画面を呼び出した際に、検索画面を閉じるよう修正しました。
構成明細を利用しない設定において、下記改善を行いました。
・商品明細の一部項目を編集した際、処理が進まなくなる不具合を修正。

V2.01.60.08

リリース日:2018/09/13
加工指示
出庫元ファシリティの在庫評価方法区分が「個別法」の場合に、投入単価を在庫現在評価単価Fの在庫評価単価から取得するようにしました。

V2.01.60.06

リリース日:2018/08/29
加工指示
承認成功のメッセージを表示させたままにしてしまうと、他のユーザが編集できない不具合を修正しました。

V2.01.60.05

リリース日:2018/08/17
製造機能(加工指示)在庫一部引当対応
一部引当機能に対応しました。
これにより、一部の投入分を確保することができ、完成に必要な投入品が揃っていれば、全数分の投入品がなくても、一部加工計上処理をすることができます。
詳細はユーザーズガイド、PUR仕入(章)、加工指示(節)を参照ください。

V2.01.60.04

リリース日:2018/08/17
加工指示
出庫元在庫識別番号をF5検索画面で指定できるようにしました。
加工依頼書印刷
出力帳票に「加工依頼書(縦)」を新規追加しました。
詳細はUGの該当節をご参照ください。
加工指示状況照会
PUR購買管理-仕入-加工伝票に「加工指示状況照会」メニューを追加しました。
加工指示のヘッダと投入・完成明細を一覧で確認する事が可能になります。
詳細はユーザーズガイド、PUR仕入(章)、加工指示状況照会(節)をご参照下さい。

V2.01.60.03

リリース日:2018/08/17
仕入伝票外部データ取込
仕入実績取込機能を追加しました。外部データと発注伝票を照合し、発注確認と入出庫確認を内部的に実行して仕入計上することで入出庫伝票も含めてPlaza-iに反映することができます。
詳細はUG、PUR仕入(章)、仕入伝票外部データ取込(節)、実行オプション(項)、▲仕入実績発注確認仕入計上区分をご参照ください。
発注伝票入力
超過発注を認める場合かつ、購買支払予定を利用する場合、発注確認時にエラーが発生する場合がある不具合を修正しました。

V2.01.60.02

リリース日:2018/08/17
仕入付随費用状況照会
BASエクセル出力機能に対応しました。
仕入伝票入力
売上仕入ボタンを追加しました。
詳細は、UG、SOE概要(章)、会社別オプション(節)、SOE販売プロジェクトオプション(項)をご参照ください。
仕入タイプマスター
伝票取引条件情報転記方法区分を追加しました。
設定により、伝票取引条件情報の取引条件(回収条件)に支払予定名、支払条件名をセットすることができます。
詳細はユーザーズガイドの該当節をご参照ください。
加工タイプマスター
下記項目を追加しました。
・加工分納利用区分
・加工承認引当条件区分
・加工構成明細利用区分

V2.01.60.01

リリース日:2018/08/17
仕入付随費用実績配賦
付随費用配賦基準パターンマスターを利用して在庫取引に直接配賦した場合、実績配賦解除でエラーが出る不具合を修正致しました。
加工計上
加工計上時に明細プロジェクトコードが商品在庫識別番号マスターに転記されるよう改善致しました。

V2.01.60.00

リリース日:2018/08/17
仕入伝票外部データ取込
ジョブスケジュールに対応しました。設定の詳細はUG、USR締め処理(章)、ジョブスケジュール作成(節)をご参照ください。
製作指示
製作指示再承認時の発注伝票更新処理について、製作指示の変更前ヘッダ摘要と発注伝票のヘッダ摘要が同じ場合、製作指示の変更後ヘッダ摘要で更新するよう改善を行いました。
発注伝票入力
販売プロジェクトオプションを使用している場合、発注承認時にプロジェクトマスターの取引先コード・名称を常に更新していましたが、取引先コードがブランクの場合のみ更新するよう仕様変更しました。
発注伝票入力
プロジェクトマスターのプロジェクト組織伝票一致チェック区分に対応しました。
保存時や承認時に、プロジェクトと受注伝票ヘッダの組織コードが一致しない場合、警告やエラーを表示することができます。”
発注伝票入力
購買支払予定を利用している発注伝票から入出庫-伝票編集画面を呼び出し、合計金額が変わるような変更を行った後、保存ボタンをクリックしないまま入出庫確認を行うと、作成された仕入伝票の購買支払予定が不正な金額になる場合がある不具合が発生しておりましたため、入出庫伝票の編集後、保存ボタンをクリックせずに入出庫確認ボタンをクリックした場合は、エラーを表示するように修正しました。
仕入伝票入力
会社別オプションPUR「消費税使用区分」が「2:消費税は入力しない」の場合であっても、明細グリッドでは表示されてしまう不具合を修正しました。
仕入伝票印刷
「出力帳票:仕入伝票印刷」の出力項目に摘要明細を追加しました。

V2.01.59.00

リリース日:2018/06/15
発注伝票外部データ取込
ヘッダに対応する明細行が存在しているかどうかのチェックが適切に働いていなかった不具合を修正しました。

V2.01.58.02

リリース日:2018/05/18
発注伝票入力
ファイル添付機能に対応しました。
詳細はUG、CMN管理者編(章)、伝票ファイル添付機能(節)をご参照ください。
発注伝票入力
以下の条件で伝票を複写を行った際に「ヘッダの’出庫日’が変更されました。明細の項目を一括変更しますか?」のメッセージが表示されず、明細項目を変更できない不具合を修正しました。
・会社別オプション、SOEオプション取引日使用区分が「1:使用する」
・発注タイプが参照する仕入タイプのオプション取引日決定区分が「利用しない」
・複写元の伝票の発注日がシステム日よりも過去の日付

V2.01.58.00

リリース日:2018/05/18
仕入伝票入力
売上仕入関連科目マスターに登録した、勘定科目の明細コードで残高を作成し、かつ入力必須である明細コードの項目がブランクだった場合に、適切なエラーメッセージを表示するよう修正しました。
商品購買申請入力
未払金区分が設定されていない商品購買申請取引タイプを入力した際に、不適切なエラーメッセージが表示される不具合を修正しました。
発注伝票外部データ取込
元伝票本支店コードと元伝票番号がディフォルトセットされない不具合を修正しました。
発注伝票印刷
エクセルテンプレートで出力した場合に印刷済区分を更新するようにしました。
発注伝票印刷
エクセルテンプレートで出力する際に、範囲指定の「印刷済み発注書を対象とする」に対応しました。
商品バーコード印刷
ラベルタイプが横34mm×縦32.4mmの表示項目に、JANコードと「Made in Japan」等の原産国表示の2つを追加しました。
商品購買申請入力
インボイス番号を「調達情報」タブ及び「申請済み」タブの右グリッドに、追加表示可能項目として追加しました。
商品購買申請入力
以下の設定の場合に、調達指示タブの発注日を表示・編集できるようにしました。
・同タブの発注タイプの仕入タイプの「購買支払予定作成方法区分」が「支払予定は利用しない(ディフォルト)」またはブランク。
発注伝票印刷
発注伝票種類「発注伝票」がユーザキャプションマスターでPURのモジュールを選択したときに設定が出来ない不具合を修正しました。
商品バーコード印刷
「単価有効日」が「有効単価日」と表示されていた不具合を修正しました。
また、34mmラベルに10桁以上印刷しようとした場合、超過部分を切るのではなく折り返し表示になっていた不具合を修正し、超過部分を切るように修正しました。
仕入伝票入力
仕入先マスターのマスター備考が表示されない不具合を修正しました。

V2.01.57.10

リリース日:2018/04/19
発注伝票印刷
エクセル テンプレート – 商品別(受注発注)に以下に項目を表示できるようになりました。
発注伝票明細
・商品集計コードのレベル1~5の名称
・取引先商品名正式(補助)
・仕入ユーザ定義コード1~10の名称
受注伝票明細
・取引先商品名正式(補助)
・明細出庫先”

V2.01.57.04

リリース日:2018/03/28
発注伝票印刷
エクセルテンプレートで出力した場合に印刷済区分を更新するようにしました。
発注伝票印刷
エクセルテンプレートで出力する際に、範囲指定の「印刷済み発注書を対象とする」に対応しました。

V2.01.57.02

リリース日:2018/03/16
仕入明細照会
APS債務計上-債務計上伝票メニューの「債務計上伝票入力」もしくは「債務計上伝票照会」から呼び出した際、ユーザ定義コード名がブランクになる不具合を修正しました。

V2.01.57.00

リリース日:2018/03/16
仕入付随費用入力
下記の画面で、仕入先マスターの仕入先属性変更許可区分が仕入先名称を編集できない区分であるにも関わらず、編集できるようになっていた不具合を修正しました。
・仕入伝票入力
・仕入付随費用入力
・発注伝票入力
仕入付随費用入力
・配賦先が「仕入伝票」の場合に配賦先伝票番号でF5キーを押すと、エラーメッセージが表示され検索画面を開くことができない不具合を修正しました。
・配賦先伝票番号でF5キーを押した際に、会社別オプションのセットアップが誤っているために表示されるエラーメッセージの内容を修正しました。
・配賦先伝票検索画面を開いた際、検索画面に伝票コードが正しくディフォルトセットされない場合がある不具合を修正しました。
仕入付随費用外部データ取込
フォームテキストを「仕入付随費用伝票外部データ取込」から、「仕入付随費用外部データ取込」に変更し、メニュー名と合わせました。
送金支払依頼書
ヘッダの「摘要」出力箇所の表記が「備考」になっていた不具合を修正しました。また、同様に明細の「備考」の出力箇所の表記が「摘要」になっていた点を修正しました。
汎用発注書
ヘッダの表示項目として、インボイス番号を追加しました。
発注伝票入力
「発注条件」タブにインボイス番号を追加表示可能項目として追加しました。
発注伝票印刷
発注伝票種類として「エクセル テンプレート - 商品別(受注発注)」を追加いたしました。本フォーマットでは、「エクセル テンプレート - 商品別」の表示項目に加え、発注伝票の生成元の受注伝票明細の以下の項目を表示可能です。
・見積商品
・見積仕様
・明細エンドユーザCD
・明細エンドユーザCDの取引先名
納期回答データ取込
フォームテキストが「入出庫伝票外部データ取込」となっていたため、メニュー名と同じ「納期回答データ取込」に修正しました。

V2.01.56.05

リリース日:2018/03/13
仕入明細照会
APS債務計上-債務計上伝票メニューの「債務計上伝票入力」もしくは「債務計上伝票照会」から呼び出した際、ユーザ定義コード名がブランクになる不具合を修正しました。

V2.01.56.01

リリース日:2018/02/16
加工計上
以下のような場合、承認時に表示されるエラーメッセージの内容が適切なものを表示するように修正しました。
・会社別オプションPRD「加工計上債務転送区分」を「2:実行する」に設定している。
・加工タイプに設定されている勘定科目について、勘定科目マスターで明細コード入力区分が入力必須であるが、伝票上、その項目がブランク。
発注伝票印刷
汎用発注書について、商品名2の出力に対応しました。

V2.01.56.00

リリース日:2018/02/16
仕入債務転送
仕入債務転送・加工賃債務転送時に、勘定科目マスターの入力必須の明細区分がありながら入力されていない項目があると出るエラーメッセージについて、メニュー名とメッセージ内容が合致していない不具合を修正しました。
調達ファシリティ商品マスター
調達指示通貨決定方法区分の区分値を以下のとおり変更しました。
(変更前)「受注伝票から決定する」
(変更後)「伝票ヘッダから決定する」
受注伝票限定ではなく、見積伝票でも使用しているためです。
発注伝票入力
発注タイプマスターのヘッダ摘要備考生成方法コードに「NONE:セットしない」を追加しました。
詳細はユーザーズガイドPUR、セットアップ(章)、発注タイプマスター(節)、伝票動作属性(項)をご参照ください。

V2.01.55.15

リリース日:2018/07/12
発注伝票入力
購買支払予定を利用している発注伝票から入出庫伝票編集画面を呼び出し、合計金額が変わるような変更を行った後、保存ボタンをクリックしないまま入出庫確認を行うと、作成された仕入伝票の購買支払予定が不正な金額になる場合がある不具合が発生していました。
そのため、入出庫伝票の編集後、保存ボタンをクリックせずに入出庫確認ボタンをクリックした場合は、エラーを表示するようにしました。
仕入明細照会
債務計上伝票入力から呼び出した際にユーザ定義コード名がブランクになってしまう不具合を修正しました。

V2.01.55.12

リリース日:2018/04/28
発注伝票印刷
ユーザ帳票オプションマスターの補助名表示区分が「2:常に補助名を表示」の場合に取引先マスターから補助名を取得して表示するようになりました。

V2.01.55.10

リリース日:2018/03/20
発注伝票印刷
エクセルテンプレートで出力した場合に印刷済区分を更新するようにしました。
商品購買申請入力
インボイス番号を「調達情報」タブ及び「申請済み」タブの右グリッドに、追加表示可能項目として追加しました。
発注伝票印刷
エクセルテンプレートで出力する際に、範囲指定の「印刷済み発注書を対象とする」に対応しました。

V2.01.55.07

リリース日:2018/03/20
発注伝票入力
「発注条件」タブにインボイス番号を追加表示可能項目として追加しました。
汎用発注書
ヘッダの表示項目として、インボイス番号を追加しました。

V2.01.55.06

リリース日:2018/02/13
発注伝票印刷
汎用発注書について、商品名2の出力に対応しました。

V2.01.55.05

リリース日:2018/02/06
仕入明細照会
仕入ユーザ定義コード名を追加しました。
フォーム別オプション「ユーザ定義コード名表示区分」によって名称を表示します。
発注明細照会
表示項目に下記を追加しました。
・仕入ヘッダユーザ定義名1~10
・仕入明細ユーザ定義名1~10
表示方法についてはPUR発注(章)、発注明細照会(節)、フォーム別オプション(項)をご参照下さい。
発注伝票入力
発注タイプマスターのヘッダ摘要備考生成方法コードに「NONE:セットしない」を追加しました。
詳細はユーザーズガイドPUR、セットアップ(章)、発注タイプマスター(節)、伝票動作属性(項)をご参照ください。

V2.01.55.00

リリース日:2018/01/19
仕入伝票入力
仕入債務転送画面で債務計上伝票を作成している場合に、仕入伝票を承認後変更できないよう改善しました。
発注明細照会
範囲指定項目に下記を追加しました。
・仕入ヘッダユーザ定義コード1~10
・仕入明細ユーザ定義コード1~10
また、表示項目に下記を追加しました。
・仕入ヘッダユーザ定義コード1~10
発注明細照会
発注明細タブの在庫確認ボタンから在庫照会-商品別の画面を開いた際、在庫識別番号がディフォルトセットされていない不具合を修正しました。
発注明細照会
範囲指定タブの物流条件に、「入庫先ファシリティ」を追加しました。
発注明細照会
範囲指定タブの発注伝票番号に値を入力した際、以下の範囲指定項目をブランク(チェックボックスはグレイ)にするよう改善しました。
・発注日FM,TO
・従業員コード、名
・発注タイプFM,TO
・発注摘要
・仕入先
・仕入先集計FM,TO
・仕入先区分FM,TO
・出庫元
・受注伝票番号
・元伝票本支店番号
・元伝票コード、元伝票番号
・仕入ヘッダユーザ定義1~10
・注文確認No
・発注金額未定
発注明細照会
範囲指定タブの仕入先コードをブランクにした場合、仕入先名もブランクにするように修正しました。
発注伝票入力
ヘッダ摘要備考生成方法コードが「ITMNM:ヘッダ摘要に明細(先頭)商品名をセット」の発注タイプを選択している状態で、「摘要を発注タイプに従って再セットします」ボタンをクリックすると正しく商品名がヘッダ摘要へセットされなかった不具合を修正しました。
発注伝票入力
発注明細の状況区分が「完了」または「キャンセル」の状態であっても、今回入庫数を入力できてしまう不具合を修正しました。
仕入伝票入力
仕入明細タブの右グリッドに支払条件名のコラムを追加しました。
納期回答データ取込
外部ファイルで指定した入庫日・出庫日で入庫予定を作成するよう修正しました。
仕入付随費用入力 物流手配番号のテキストボックスが入力可能でも場合、タブストップしない不具合を修正しました。
仕入付随費用入力 付随費用明細タブのタブ順を修正しました。

V2.01.54.01

リリース日:2017/12/18
仕入付随費用状況照会
購買原価取引タブ右グリッドに「勘定科目コード」を追加しました。

V2.01.54.00

リリース日:2017/12/18
調達ファシリティ商品マスター
範囲指定タブに「非使用の商品を表示する」チェックボックスを追加しました。
商品一覧タブの右グリッドに商品マスター非使用区分を追加しました。
仕入伝票入力
伝票が債務転送済みの場合、または承認済みかつ会社別オプション「PUR:仕入伝票承認後変更オプション」の設定により承認後にヘッダ摘要の変更を認めていない場合には、ヘッダの摘要を変更できないよう修正しました。
仕入伝票入力
仕入明細タブの仕入区分が区分値で表示されていた不具合を修正し、チェックボックスで表示するようにしました。
また、仕入明細タブの買掛取引コード、支払条件コードの値が左寄せで表示されていたので、右寄せに修正しました。
調達ファシリティ商品区分マスター
データが表示されていない状態で削除ボタンを押すとオブジェクトエラーになる不具合を修正しました。
調達ファシリティ商品マスター
ヘッダに最新表示ボタンを追加しました。
仕入伝票入力
通貨コードをブランクにした際に表示されるエラーメッセージを「ブランクは認められません」から「通貨コードはブランクは認められません」に修正しました。
仕入付随費用入力 債務転送済みの伝票について、仕入タイプコンボボックスには仕入タイプマスター上、仕入付随費用伝票使用区分がオンの仕入タイプのみが表示されるよう修正しました。

V2.01.53.14

リリース日:2018/02/15
発注伝票入力
発注伝票の承認後はプロジェクトの変更を認めないのが望ましい動作のため、管理番号53557(V2.01.53.13)の修正を取り消しました。

V2.01.53.13

リリース日:2018/02/02
発注伝票入力
仕入タイプマスターにてプロジェクト決定区分が「ヘッダ」の場合、承認後変更でプロジェクトコードを変更した際にエラーが発生する不具合を修正しました。

V2.01.53.06

リリース日:2018/11/26
発注伝票検索
範囲指定の「注文番号」を「伝票番号」という表記に、検索結果グリッドの「注文番号」を「発注伝票番号」という表記に変更しました。
調達ファシリティ商品マスター
調達・発注関連タブで支払予定日コードを入力しても、名称が表示されない不具合を修正しました。
商品購買申請取引タイプマスター
支払予定日コードを入力しても、名称が表示されない不具合を修正しました。
調達ファシリティ商品区分マスター
発注・調達関連タブで支払予定日コードを入力しても、名称が表示されない不具合を修正しました。

V2.01.53.05

リリース日:2018/11/17
発注数量承認後変更乖離率チェック機能
発注伝票の承認後変更を認めていない運用において、担当者別に設定した乖離率の範囲内であれば、初回承認時点の発注数を超えて入庫することが出来る機能を追加しました。
詳細は、ユーザーズガイドPUR発注(章)、発注伝票入力-発注確認(節)、発注数量を超過して入庫数を入力する場合の設定(項)をご参照下さい。”

V2.01.53.04

リリース日:2018/11/19
仕入付随費用伝票印刷
仕入付随費用伝票の付随費用明細に摘要を追加しました。
送金支払依頼書
送金支払依頼書の支払明細の摘要に明細備考が表示されていたため、摘要のラベルを備考へ変更しました。
また、ヘッダの摘要が左下の備考部分に表示されていたため、備考のラベルを摘要へ変更しました。”

V2.01.53.02

リリース日:2018/11/17
製作指示
得意先マスターの「個人顧客登録チェック方法区分」がオンの出庫先の場合、エンドユーザ個人を入力しても会社別オプション「個人顧客登録チェック方法区分」のチェックが正しくかからない不具合を修正しました。
発注伝票入力
発注伝票検索のフォーム別オプション「ディフォルト発注状況区分外部呼出」を設定していない、または「1 : 完了(入庫済)」を設定している場合に、本メニューから伝票検索を開き、元伝票コードを入力しても、発注状況区分をクリアしない不具合を修正しました。

V2.01.53.00

リリース日:2018/11/17
請求支払査定書
仕入報告書の帳票「請求支払査定書」を、注文番号、請求書番号の並び順で表示するように修正しました。
加工計上
支払予定日が支払確定済みの場合でも、赤伝票を生成できるようになりました。
仕入伝票の赤処理と同様、赤伝票の支払予定日に、支払確定していない日付を自動でセットします。
発注タイプマスター
グリッドの「前払債務生成単位区分」コラムについて、使用しないので非表示にしました。
加工計上
支払予定日に、加工計上日の前日付を入力できないようにしました。
また、赤処理時、加工計上日に支払予定日の後日付を指定した場合に、赤伝票の加工計上日から起算して支払予定日を自動セットするよう改善しました。”
仕入債務転送
範囲指定タブの仕入伝票番号について、From>Toとなるように値を指定して債務計上伝票作成を実行した際に,
実際には該当するレコードが存在するにも関わらず、「指定された範囲内にレコードは、存在しません。」というエラーになる不具合を修正しました。
仕入付随費用債務転送、加工賃債務転送についても同様の不具合がありましたので修正しました。
加工計上
支払予定日がブランクのまま承認できてしまう不具合を修正しました。
発注伝票
発注タイプマスターの「発注承認時仕入同時計上区分」がオンの場合、マイナス数量でも計上できるように対応しました。

V2.01.52.01

リリース日:2017/10/20
仕入伝票入力
今までは、仕入タイプを設定すると仕入タイプ名をヘッダ摘要にディフォルトセットしていましたが、その動作を変更し、仕入タイプマスターの「ヘッダ摘要備考生成方法コード」の設定によってヘッダ摘要にディフォルトセットする項目を選択できるようにしました。
また、仕入タイプマスターの「明細摘要備考生成方法コード」の設定によって、明細摘要にディフォルトセットする項目も選択できるようにしました。
詳細は、PURセットアップ(章)、仕入タイプマスター(節)、その他(項)をご参照ください。
仕入付随費用入力
仕入タイプマスターに新設したヘッダ摘要備考生成方法コードによって、ヘッダ摘要に値をどう設定するかを選択できるようになりました。従来は仕入タイプ名を常に設定していましたが、設定しなかったり、プロジェクト名を設定することが新たに可能です。
仕入付随費用入力
付随費用明細タブの購買原価取引コードについて、手入力で使用不可のコードを入力できてしまう不具合を修正しました。

V2.01.52.00

リリース日:2017/10/20
仕入付随費用入力
仕入支払情報タブに以下の修正を行いました。
・プロジェクト名称を副言語表示に対応しました。
仕入付随費用明細タブに以下の修正を行いました。
・グリッドの計上科目と、入力エリアの取引コードでF5検索を可能にしました。
・右グリッドに計上科目名のコラムを追加しました。
・右グリッドのプロジェクト名を編集できてしまう問題を修正しました。
仕入伝票入力
購買プロジェクト利用時に、輸入進捗状況区分「キャンセル」のプロジェクトコードを持つ仕入伝票を複写し、保存・承認ができてしまう不具合を修正しました。
輸入入庫手配
入庫予定タブ上部グリッドの「輸送タイプ名」コラムを右グリッドから移動し、左グリッドの「輸送タイプコード」コラムの隣へ配置しました。
仕入タイプマスター
グリッドのコラムソートを行えないコラムがあった問題を修正し、全てのコラムでコラムソートを可能にしました。
発注タイプマスター
グリッドのコラムソートを行えないコラムがあった問題を修正し、全てのコラムでコラムソートを可能にしました。
加工タイプマスター
グリッドのコラムソートを行えないコラムがあった問題を修正し、全てのコラムでコラムソートを可能にしました。
船積予定情報照会
範囲指定タブで通貨を指定した場合でも、船積み予定情報タブおよび購買コミッション売上情報タブの通貨別取引金額合計ボタンを利用可能に修正しました。
仕入付随費用状況照会
・範囲指定タブの通貨を指定して最新表示をした場合にも、購買原価取引タブの通貨別取引金額合計ボタンを利用可能にしました。
・取引金額合計を表示する条件を変更しました。従来の条件である、出力結果に含まれる通貨が1種類であるという場合ではなく、範囲指定タブで通貨を指定しているという場合に表示します。
伝票予定原価照会
実績タブ、未確定計上残高タブ、予定タブの全てで通貨別取引金額合計ボタンを利用可能にしました。
発注伝票入力
以下の不具合を修正しました。
・会社別オプションPUR「発注入庫予定取引金額計算区分」が「1:発注単価から再計算」の場合、WF承認ができない。
・物流ルート作成を行い、ヘッダと明細の入庫先が不一致の場合でもWF承認ができてしまう。
・物流ルート作成を行い、今回入庫が存在し、ヘッダと明細の入出庫日が不一致の場合でも、WF承認ができてしまう。
仕入付随費用入力
付随費用明細タブ右グリッドのプロジェクトコード名を編集できてしまう不具合を修正しました。
商品購買申請入力
購買申請を利用した受発注で、受注伝票のコピーで購買申請までコピーする場合、購買申請の支払予定の支払予定日を、発注日から再計算するよう修正しました。
仕入付随費用入力
付随費用明細タブにおいて、取引コードのテキストボックスでF5検索機能が利用できない不具合を修正しました。

V2.01.51.06

リリース日:2017/12/05
調達ファシリティ商品マスター
調達・発注関連タブで支払予定日コードを入力しても、名称が表示されない不具合を修正しました。
商品購買申請取引タイプマスター
支払予定日コードを入力しても、名称が表示されない不具合を修正しました。
調達ファシリティ商品区分マスター
発注・調達関連タブで支払予定日コードを入力しても、名称が表示されない不具合を修正しました。

V2.01.51.05

リリース日:2017/11/09
製作指示
得意先マスターの「個人顧客登録チェック方法区分」がオンの出庫先の場合、エンドユーザ個人を入力しても会社別オプション「個人顧客登録チェック方法区分」のチェックが正しくかからない不具合を修正しました。
発注伝票入力
発注伝票検索のフォーム別オプション「ディフォルト発注状況区分外部呼出」を設定していない、または「1 : 完了(入庫済)」を設定している場合に、本メニューから伝票検索を開き、元伝票コードを入力しても、発注状況区分をクリアしない不具合を修正しました。

V2.01.51.02

リリース日:2017/09/29
商品購買申請入力
支払予定日と発注日の前後比較チェックで、選択行の発注日に対し購買申請全体の支払予定日を比較してしまっていた点を、選択行の支払予定日のみと比較するよう修正しました。
仕入債務転送
データ転送集計単位を「仕入先、組織、プロジェクト単位」、もしくは「仕入先伝票番号(インボイス)単位」に指定して債務計上伝票イメージを作成したときに、購買支払予定を持つ仕入伝票と持たない仕入伝票が混在しているとエラーが発生して債務転送が行えなくなる不具合を修正しました。

V2.01.51.01

リリース日:2017/09/29
発注伝票入力
個別与信取引番号の自動セット動作に対応しました。仕入タイプマスターの「個別与信取引番号ディフォルトセット区分」が「ディフォルトセットする」の場合に自動セットします。詳細はPURセットアップ(章)、仕入タイプマスター(節)、伝票動作属性(項)をご参照下さい。
仕入伝票検索
仕入タイプコンボの並び順を仕入伝票画面の仕入タイプコンボと同じになるように修正しました。

V2.01.51.00

リリース日:2017/09/29
発注伝票入力
発注数量が0の明細が一つでも存在する場合、その伝票を承認できないように修正しました。
商品購買申請入力
申請済みタブのフッタにある取引金額と税込金額が、ヘッダの合計金額となっている不具合を修正しました。
発注伝票入庫日保守
発注伝票タブのグリッド右側、仕入先名コラムに発注伝票ヘッダと同じ仕入先名を表示するように修正し、休日チェックのワーニングメッセージで表示する名称と同じになるようにしました。
仕入付随費用入力
仕入付随費用データ受入を行うとき、購買原価取引コードマスターの「伝票予定原価連動区分」と「一括実績配賦処理単位区分」を転記しない不具合を修正し、手入力の場合の動作と同じになるようにしました。
加工計上
計上日がブランクのまま承認実行したときのエラーメッセージの内容を、計上日を入力していない旨を示すものへ修正しました。
<>仕入タイプマスター
個別与信取引番号ディフォルトセット区分を追加しました。
詳細はPURセットアップ(章)、仕入タイプマスター(節)、伝票動作属性(項)をご参照下さい。”

V2.01.50.04

リリース日:2017/08/31
発注伝票入力
発注伝票承認について、ワークフロー対応の個別承認機能に対応しました。
詳細は、ユーザーズガイド、CMN管理者編、個別承認申請(節)をご参照下さい。

V2.01.50.02

リリース日:2017/08/31
発注伝票入力
分割支払依頼実行時、与信超過した場合に、関係者へメールを送信する機能を追加しました。
詳細は、ユーザーズガイド、SOE概要(章)、与信管理(節)、メール送信機能(項)をご参照下さい。

V2.01.50.01

リリース日:2017/08/31
仕入付随費用入力
ヘッダ検索画面グリッドの赤黒編集モードのコラム名が「赤黒変種モード」になっていた点を修正しました。

V2.01.50.00

リリース日:2017/08/31
製作指示伝票検索
グリッドに担当者コードを追加しました。
発注伝票検索
グリッドに担当者コードを追加しました。
仕入伝票検索
グリッドに担当者コードを追加しました。
発注タイプマスター
発注タイプ入力1タブに承認申請定義コードを追加しました。
仕入債務転送
現地通貨を利用する環境で、購買支払予定を登録した仕入伝票を債務転送した際に、正しい現地通貨換算レートで債務計上データが作成されない不具合を修正しました。

V2.01.49.07

リリース日:2017/08/23
仕入付随費用入力
ヘッダ検索画面グリッドの赤黒編集モードのコラム名が「赤黒変種モード」になっていた点を修正しました。

V2.01.49.05

リリース日:2017/08/01
仕入伝票入力
仕入赤処理時に、変更後支払予定日が入っていても当初の支払予定日で日付チェックを行っていてエラーになっていた点を修正しました。

V2.01.49.00

リリース日:2017/07/14
仕入伝票入力
赤伝票処理を行う際、仕入先マスターの請求日起算区分が「オプション取引日(出庫日)」または「オプション取引日(着日)」の場合、支払予定日の基準日が計上日ではなくオプション取引日になるように修正しました。

V2.01.48.15

リリース日:2017/11/07
発注伝票
発注タイプマスターの「発注承認時仕入同時計上区分」がオンの場合、マイナス数量でも計上できるように対応しました。

V2.01.48.12

リリース日:2017/09/19
商品購買申請入力
支払予定日と発注日の前後比較チェックで、選択行の発注日に対し購買申請全体の支払予定日を比較してしまっていた点を、選択行の支払予定日のみと比較するよう修正しました。
仕入債務転送
データ転送集計単位を「仕入先、組織、プロジェクト単位」、もしくは「仕入先伝票番号(インボイス)単位」に指定して債務計上伝票イメージを作成したときに、購買支払予定を持つ仕入伝票と持たない仕入伝票が混在しているとエラーが発生して債務転送が行えなくなる不具合を修正しました。

V2.01.48.09

リリース日:2017/08/15
仕入付随費用入力
ヘッダ検索画面グリッドの赤黒編集モードのコラム名が「赤黒変種モード」になっていた点を修正しました。

V2.01.48.07

リリース日:2017/08/01
仕入伝票入力
仕入赤処理時に、変更後支払予定日が入っていても当初の支払予定日で日付チェックを行っていてエラーになっていた点を修正しました。

V2.01.48.06

リリース日:2017/07/07
発注伝票入力
個別与信承認番号(F5・手入力とも)で伝票の仕入先と異なる個別与信を選ぶと個別与信取引番号だけが入らなかった点を、取引申請番号・個別与信承認番号・個別与信取引番号を同時セットするよう修正しました。