USR ユーザ管理

最新リリース情報

V2.02.19.02

リリース日:2020/09/11
ユーザ帳票テンプレートマスター
メール送信タブを追加し、その中に以下の項目を追加しました。
・外部ファイル指定パターン番号
・通知先グループ本支店コード
・通知先グループコード

過去リリース情報

過去3年間分のリリース情報を掲載しております。

V2.02.19.00

リリース日:2020/09/11
承認役職グループマスター
ヘッダ複写ボタンを追加しました。
ユーザアクションセキュリティマスター
レコードを表示していない状態でログボタンを押すとエラーが発生する不具合を修正しました。
テーブルコントロールマスター
選択していない行のデータ受入対象区分とデータ転送処理区分について、実際には値が入力されているにも関わらず、グリッドではブランクで表示されてしまう場合がある不具合を修正しました。
マイメニューマスター
ヘッダの複写ボタンで明細の設定が複写できるように修正しました。
承認役職グループマスター
Excelデータ転送ボタンを追加して、出力対象テーブルと範囲指定条件を設定した状態でExcelデータ転送を開けるように改善しました。
承認役職ルールマスター
Excelデータ転送ボタンを追加して、出力対象テーブルと範囲指定条件を設定した状態でExcelデータ転送を開けるように改善しました。
承認申請定義マスター
Excelデータ転送ボタンを追加して、出力対象テーブルと範囲指定条件を設定した状態でExcelデータ転送を開けるように改善しました。
承認役職ユーザグループマスター
Excelデータ転送ボタンを追加して、出力対象テーブルと範囲指定条件を設定した状態でExcelデータ転送を開けるように改善しました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダの「テキストから読み込み」で式に使用したパラメータが取り込まれない場合がある点を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダの「テキストから読み込み」で、IS NULL条件に対応しました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダで、「CAST(日付)」を使用したときに生成される SQL を、CAST(文字列 AS DATETIME)からCAST(文字列 AS DATE)になるようにしました。
データ転送
データ転送のジョブスケジュールで、ユーザデータ交換処理マスターの「追加文字」を設定するとエラーになる不具合を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダの「テキストから読み込み」で、Like条件の「始まる」「終わる」「含む」の判定がすべて「始まる」になってしまう点を修正しました。
承認申請伝票検索
承認申請報告画面で、承認申請伝票のF5検索を行えるようにしました。

V2.02.18.00

リリース日:2020/08/14
データ受入
エクセル上に登録済みデータの主キーを指定するコラムを用意することで、その既存データをコピーしながらデータ受入を行うことができるようになりました。
テンプレートとなるデータをあらかじめ登録することで、エクセル上には新しいデータの主キー、名称とう必要最小限の項目のみを用意するだけでよくなり、効率的にデータ受入が可能となります。”
伝票ファイル一覧照会
出力対象テーブルにUSR、J41承認申請伝票Hを追加しました。
承認申請報告
人事管理業務以外のワークフローを申請できるようにしました。
詳細はUG、承認業務(章)、承認申請報告(節)をご参照ください。
承認申請タイプマスター
承認申請タイプマスターの基本情報タブで、システムコードを追加しました。社員申請報告から申請できるものと、承認申請報告から申請できるもととを区別するために利用します。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的にUSR「承認申請報告」を追加しました。
USR承認申請報告メニューのセットアップで使用します。”
ユーザデータ交換処理マスター
HRS社員申請報告等でユーザテーブルを設定している状態でヘッダ削除ボタンを押した時に、常にユーザテーブルを削除していたためエラーとしていましたが、削除するかを選択できるように警告メッセージを表示するようにしました。
ユーザデータ交換処理マスター
設定可能な関数に、月初日を取得するFirstDayと月末日を取得するLastDayを追加しました。

V2.02.17.01

リリース日:2020/07/10
Plaza-i ユーザーズガイド
HRS人事管理を選択肢に追加しました。

V2.02.17.00

リリース日:2020/07/10
Excelデータ転送
Excelデータ転送の際にログインユーザーのユーザーグループによる制限をかけるテーブルコントロ-ルマスターの機能を、管理者ユーザーの場合には無視するようにしました。
データ受入
データ受入の際にログインユーザーのユーザーグループによる制限をかけるテーブルコントロ-ルマスターの機能を、管理者ユーザーの場合には無視するようにしました。
API 機能マスター
要求入力項目に応答処理区分を追加しました。
詳細はUG、USRユーザ管理、ユーティリティ(章)、API機能マスター(節)、要求入力項目をご参照ください。
API サービスユーザIDマスター
ヘッダの範囲指定の、API サービス番号を右寄せに修正しました。

V2.02.16.02

リリース日:2020/06/11
API サービスマスター
API サービスマスターというメニューを新規追加しました。
連携するAPIサービスを登録する際に利用します。
詳細はユーザーズガイドUSRユーティリティ(章)、API サービスマスター(節)をご参照ください。
API 機能マスター
API 機能マスターというメニューを新規追加しました。
外部サービスのAPIの実行を、Plaza-iから利用可能な機能として登録する際に利用します。
詳細はユーザーズガイドUSRユーティリティ(章)、API 機能マスター(節)をご参照ください。
API サービスユーザIDマスター
API サービスユーザIDマスターというメニューを新規追加しました。
外部サービスのユーザ保守を行う際に利用します。
詳細はユーザーズガイドUSRユーティリティ(章)、API サービスユーザIDマスター(節)をご参照ください。

V2.02.16.01

リリース日:2020/06/11
ユーザデータ交換処理マスター
転送先区分「Json」に対応しました。
詳細はユーザーズガイドUSRユーティリティ(章)、 ユーザデータ交換処理マスター:転送処理(節)をご確認ください。

V2.02.16.00

リリース日:2020/06/11
ジョブログの表示
セパレータで縦に延ばす時、終了メッセージのテキストボックスが連動して縦に延ばすように改善しました。
Plaza-iスキーマ
バージョンアップ ORA-06512エラーが発生した場合、重要性の低いエラーとなるように改善しました。
データ転送
転送先区分を「テキスト(タブ区切り)」で転送する場合に、各行の末尾に余計なタブ区切りがついてしまう問題を修正しました。

V2.02.15.02

リリース日:2020/05/22
ユーザキャプションマスター
フォームデザイナでグリッドコラムの修正を行ったときに、意図しない他の項目がクリアされてしまう場合がある不具合を修正しました。

V2.02.15.00

リリース日:2020/05/22
外部ファイルタイプマスター
外部ファイルフィルタのバイト数制限を40バイト⇒254バイトに増やしました。

V2.02.14.05

リリース日:2020/04/30
外部データ転送
ジョブスケジュールでのデータ転送において、以下の不具合を修正しました。
・「仕訳外部データ転送」 等の専用の交換定義を使用する時、転送元区分が「なし」のものが含まれている場合にエラーになる。
・出力最終項目が正しく出ない場合がある。
・文字列が固定長の時に利用できない。
・転送定義が値かつ文字列の場合、ブランクで出力したときに正しく文字埋込ができない。

V2.02.14.04

リリース日:2020/04/18
ワークフロー承認者の印影
同じ伝票を複数回承認したときに、過去の承認者の印影が表示される場合がある不具合を修正しました。

V2.02.14.01

リリース日:2020/04/18
ジョブスケジュール作成
データ転送処理において、ジョブスケジュールを利用しない場合と同様、ジョブスケジュールを利用する場合についても、親子関係があるテーブルの場合、HDDHDDD…というような形式で1ファイルにまとめて出力する機能に対応しました。
データ転送
入金伝票ヘッダ明細情報を外部データ転送できるようにしました。
メニュー操作履歴
ログが取得できない不具合を修正しました。

V2.02.14.00

リリース日:2020/04/18
ユーザデータ交換処理マスター
Excelデータ転送ボタンを追加して、出力対象テーブルと範囲指定条件を設定した状態でExcelデータ転送を開けるように改善しました。

V2.02.13.05

リリース日:2020/05/15
ユーザキャプションマスター
デザイン機能でグリッドコラムを設定変更し、保存を行うとコラムタイトルがブランクになる不具合を修正しました。

V2.02.13.00

リリース日:2020/03/19
ユーザキャプションマスター
Excelデータ転送ボタンを追加して、出力対象テーブルと範囲指定条件を設定した状態でExcelデータ転送を開けるように改善しました。
データ受入
「ログ情報・非使用区分を自動セットする」のチェックボックスを「ログ情報を自動セットする」と「非使用区分を自動セットする」のチェックボックスに分けました。
ユーザキャプションマスター
テキストボックスに入力・表示するアルファベットを大文字または小文字に自動変換する機能を追加しました。
詳細はUG、USRセットアップ(章)、ユーザキャプションマスター(節)、基本設定情報(項)、▲文字列ケース、をご参照下さい。
データ転送
転送ファイルの現在行数を出力する機能を追加しました。
ユーザデータ交換処理マスターにおいて、特殊文字を設定することにより出力可能です。
詳細はUG、USRユーティリティ(章)、ユーザデータ交換処理マスター(節)、転送定義タブ(項)、▲値(フィールド値)、をご参照下さい。
テーブルコントロールマスター
データ転送処理区分の「4:範囲指定ボタンが有効」を廃止しました。
「4:範囲指定ボタンが有効」が設定されているレコードは、主キー区分に従って別の区分値に移行されました。”
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダでテーブルを結合した際に、自動でJoin句を展開しないようにしました。

V2.02.12.07

リリース日:2020/04/17
ワークフロー承認者の印影
承認者の表示順序を承認回覧順序昇順になるように再度修正しました。

V2.02.12.06

リリース日:2020/04/13
ワークフロー承認者の印影
同じ伝票を複数回承認したときに、過去の承認者の印影が表示される場合がある不具合を修正しました。
印影を表示する順番を、承認回覧順序の降順になるように修正しました。

V2.02.12.05

リリース日:2020/04/13
メニュー操作履歴
ログが取得できない不具合を修正しました。

V2.02.12.00

リリース日:2020/02/14
Excelデータ転送
フィールド説明コメントのサイズが最適化された状態で出力されるように改善しました。
承認申請伝票入力
未処理一覧画面の申請伝票ボタンから本画面を呼び出す際にメニューアクセス権限をチェックし、無い場合はエラーメッセージを出すようにしました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダでダミー表(DUAL)、現在日時(SYSDATE)を使用できるようにしました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダのサンプルを「マイメニュー」「ユーザ帳票テンプレート」に分けました。
既存の「会計期間別売上伝票D集計」はサンプル>マイメニューに移動しました。
「ユーザ帳票テンプレート」はユーザ帳票テンプレートマスターでのご利用が容易なサンプルです。
テーブルコントロールマスター
データ受入対象区分、データ転送処理区分のコンボボックスで主キー区分による選択肢のフィルタが正しくかからない不具合を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
select、group by、order by句とそのリストのポップアップメニューから式・CASE・変換・集計を使用できるようにしました。

V2.02.11.01

リリース日:2020/01/17
データ転送
転送元区分に「(なし)」が含まれている場合に、仕訳外部データ転送など再送防止機能に対応しているファンクションで転送が行えるように修正しました。

V2.02.11.00

リリース日:2020/01/17
ユーザデータ交換処理マスター
一括複写画面で企業間コピーを選択した場合に、コピー先企業、コピー先会社の両方を指定できるように変更しました。
これにより、コピー先の特定の会社を指定して定義を複写することができるようになりました。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的がデータ転送の場合でも、一括複写を利用できるように変更しました。
Excelデータ転送
-1の企業、会社、本支店コードは「企業・会社・本支店を変換する」機能の対象外にしました。
Plaza-iにおいてシステム規定値として使用しているためです。
ユーザデータ交換処理マスター
保存・編集キャンセル時にグリッドの選択行が復元されるように修正しました。
Excelデータ転送
ユーザキャプションマスター(論理名が『S13 User Caption Control Master Detail』)で非使用に設定したデータは「非使用データを除外する」に関係なく出力するようにしました。
ユーザ帳票テンプレートマスター
ユーザ帳票テンプレートマスターを新規追加しました。
詳細は、USRセットアップ(章)、ユーザ帳票テンプレートマスター(節)をご参照下さい。
データ転送
ユーザデータ交換処理マスター編集画面を開き、各交換定義の転送先等を変更できるように改善しました。
仕訳外部データ転送
ジョブスケジュールによる転送に対応しました。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的がBASデータソースの時、クエリ作成を行う際にフィールド選択タブに論理名が表示されなくなっていた不具合を修正しました。
データ転送(仕訳外部データ転送)
勘定科目ユーザ定義コードを仕訳転送できるようにしました。

V2.02.10.00

リリース日:2019/11/15
マイメニューマスター
コンテンツ設定タブ上部グリッドの行コピーボタンを押したとき、編集不可の「コンテンツ番号」がブランクとなり、保存時に「マイメニューコンテンツ番号が入力されていません」というエラーメッセージが表示される不具合を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的が「社員申請」のとき、データソース設定タブの左上グリッドの行確定時に表示される結合選択ダイアログにおいて、コラムのラベル「先テーブル物理名」「先テーブル別名」「先フィールドリスト」が副言語化されない不具合を修正しました。
ユーザ帳票タイトルマスター
SOEの受注伝票・チェックリストグループで下記帳票フォーマットを追加しました。
受注伝票エクセルテンプレート-売上仕入
受発注情報一覧表エクセルテンプレート
取引データ削除
削除ボタンを押すと、「この処理を実行するためには、他のMDI子画面を全て閉じてください」というエラーが他に画面は開いていない場合でも出現する不具合を修正しました。

V2.02.09.05

リリース日:2019/11/06
取引データ削除
削除ボタンを押すと、他に画面は開いていない場合でも「この処理を実行するためには、他のMDI子画面を全て閉じてください」というエラーが出現する不具合を修正しました。
データベーススキーマ作成
V2.02.09.00以降、「アーカイブログモードに変更」「ノーアーカイブログモードに変更」ボタンをクリックした際、「本画面以外のMDI子画面を全て閉じてください。」メッセージが表示され、処理を実行できなくなっていた問題を修正しました。

V2.02.09.02

リリース日:2019/10/11
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的「BASデータソース」で、クエリビルダのテキストから読み込みで以下に対応しました。
・サブクエリのアスタリスクも自動的にフィールドを展開
・nvl2関数

V2.02.09.01

リリース日:2019/10/11
Excelデータ転送
以下テーブルの論理名と物理名が食い違っている不具合を修正しました。
・承認役職ユーザグループM_H
・承認役職ユーザグループM_D

V2.02.09.00

リリース日:2019/10/11
ユーザ定義メニューマスター
フォームクラスを新規入力時以外、変更できないように改善しました。
データベース スキーマ作成
DBバージョンよりもインポートユーティリティのバージョンが大きい場合、その旨のメッセージを画面に表示するようにしました。
Excelデータ転送
テーブルコントロールマスターに登録があっても、Oracleに登録のないテーブルであればグリッドに表示されないように改善しました。また、転送対象にチェックが一つも入っていないときにエラーにするように修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的「BASデータソース」で、クエリビルダでConcatenation(文字列の連結)に対応しました。

V2.02.08.00

リリース日:2019/09/13
Excelデータ転送
テーブルコントロールマスターで各テーブルのデータ転送公開ユーザグループコードを指定することで転送可能なユーザを制御できるように改善しました。
承認申請タイプマスター
大きなデザインデータは必要時にしか読み込まないように修正しました。
ユーザデザインマスター
大きなデザインデータは必要時にしか読み込まないように修正しました。
マイメニューマスター
大きなデザインデータは必要時にしか読み込まないように修正しました。

V2.02.06.02

リリース日:2019/07/12
未処理一覧
縦スクロールバーが表示されるほどの承認申請伝票を表示している場合に、レコードをクリックすると勝手にスクロールしてしまう問題を修正しました。

V2.02.06.00

リリース日:2019/07/12
基幹系データ取込
外部データ取込の「レコード識別型」においてTAB区切りフォーマットで取込を行えるように致しました。

V2.02.05.03

リリース日:2019/07/11
未処理一覧
縦スクロールバーが表示されるほどの承認申請伝票を表示している場合に、レコードをクリックすると勝手にスクロールしてしまう問題を修正しました。

V2.02.05.01

リリース日:2019/06/14
テーブルコントロールマスター
個人マスターの敬称区分のフィールド説明に誤字があったため修正しました。

V2.02.05.00

リリース日:2019/06/14
データ受入(ジョブスケジュール)
データ受入のジョブコントロールマスターのパラメータに「ブランク更新区分」を追加しました。ブランク更新区分を「T」にしてデータ受入すると、ブランクに更新できます。
スキーマ作成、および、スキーマバージョンアップ
USRデータベーススキーマ作成、Plaza-iスキーマバージョンアップの処理において、同一DBに複数スキーマが存在する場合のパフォーマンスを改善しました。

V2.02.04.07

リリース日:2019/07/09
未処理一覧
縦スクロールバーが表示されるほどの承認申請伝票を表示している場合に、レコードをクリックすると勝手にスクロールしてしまう問題を修正しました。

V2.02.04.00

リリース日:2019/05/17
データ転送
ユーザデータ交換処理マスター上、ファイル内の総行数を取得する特殊文字を使用している場合、データ転送に成功し、転送先ファイルにデータが書き込まれているにも関わらず、データ転送結果が0件である旨を通知する警告メッセージが表示される不具合を修正しました。
データ転送
親子関係にあるテーブルを出力した際に、承認履歴に書き込まれる転送件数が出力結果と異なる場合がある不具合を修正しました。
データ転送
・転送元「取引先マスターデータ転送用View」に、フィールド「州県名」を追加しました。
・転送処理可能なビューに「出庫先マスターデータ転送用view」を追加しました。

V2.02.03.18

リリース日:2019/07/11
基幹系データ取込
外部データ取込の「レコード識別型」においてTAB区切り形式で取込を行えるように致しました。
未処理一覧
縦スクロールバーが表示されるほどの承認申請伝票を表示している場合に、レコードをクリックすると勝手にスクロールしてしまう問題を修正しました。

V2.02.03.15

リリース日:2019/06/14
データ転送
転送元「発注伝票D転送用view」において、「受注ヘッダ-ユーザ定義項目」を出力できるように改善しました。
データ転送
転送元「受注伝票D転送用view」において、「仕入先の取引先商品コード」を出力できるように改善しました。

V2.02.03.06

リリース日:2019/04/19
WF機能の申請取消機能
下記伝票入力画面において、承認申請伝票入力画面に申請取り下げボタンを追加しました。
本ボタンをクリックすることで、申請済みから未申請に戻すことができます。
・GLS仕訳伝票入力
・PRJ受注伝票入力
・PUR発注伝票入力
・SOE見積伝票入力
・SOE受注伝票入力
・SVP発注伝票入力

V2.02.03.04

リリース日:2019/04/19
データ転送
タブ区切りの転送先ファイル形式に対応しました。
USRユーザデータ交換処理マスターの転送処理タブ、転送先区分を「テキスト(タブ区切り)」に設定することで、利用できます。

V2.02.03.03

リリース日:2019/04/19
データ転送
外部データ転送の転送元「受注伝票D転送用view」に、フィールド「仕入単価」を追加しました。
また転送元に、以下のビューを追加しました。
・発注伝票D転送用view
・受注伝票H転送用view

V2.02.03.01

リリース日:2019/04/19
月次更新状況照会
月次更新状況照会メニューを新規作成しました。システム全体の月次更新の状況を照会することができます。
詳細はユーザーズガイドUSR締め処理(章)、月次更新状況照会(節)をご参照ください。
月次本締め状況照会
月次本締め状況照会メニューを新規作成しました。システム全体の月次本締め状況を照会することができます。
詳細はユーザーズガイドUSR締め処理(章)、月次本締め状況照会(節)をご参照ください。
データ転送
データ転送対応ファンクションに「売上伝票外部データ転送」、「受注伝票外部データ転送」を追加しました。「データ転送」と異なり、同じ伝票が二重転送されることを防ぐことが可能です。

V2.02.03.00

リリース日:2019/04/19
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダでユーザスキーマのテーブルを利用できるようになりました。
ユーザデータ交換処理マスター
見積・受注・発注の伝票についても、タブ区切りのテキストファイルによるデータ取込を行えるようにしました。

V2.02.02.01

リリース日:2019/03/27
ユーザ定義メニューマスター
システムパッケージに営業管理を追加しました。
フォームクラスを選択するコンボボックスを追加しました。
詳細はユーザーズガイドUSRセットアップ(章)、ユーザ定義メニューマスター(節)をご参照ください。

V2.02.02.00

リリース日:2019/03/27
データ転送
伝票毎に最終行を追加して出力したい場合に対応しました。
詳細はUG、USRユーティリティ(章)、転送処理の設定例(節)、売上データの転送設定例その③-最終行を表示する設定(項)をご参照下さい。
データ転送
ジョブスケジュールによるデータ転送で入出庫伝票外部データ転送を行うとき、データ転送中に転送対象のデータが新しく追加されると、転送していないデータまで転送済み区分がオンになってしまう不具合を修正しました。
システム機能別ユーザメッセージマスター
・保存時に編集タブの内容が表示されない不具合を修正しました。
・以下のシステムコード、ファンクションを編集できない不具合を修正しました。
DRS IVTIOCFM(入出庫確認)
PUR DIVPAYRE(分割支払依頼処理)
PUR PORDVCHAPR(発注伝票承認)
PUR PORDVCHAPRREQ(発注伝票承認申請)
PUR PORDVCHAPRRET(発注伝票承認差戻し)
SOE TRNAPPAPR(取引申請承認)
SOE TRNAPPAPRREQ(取引申請承認申請)
SOE TRNAPPAPRRET(取引申請承認差戻し)
SRV CRTSALAPRNUM(売上伝票自動作成番号)
SVP DIVPAYREQ(分割支払依頼処理)

V2.02.01.05

リリース日:2019/02/28
システム機能別ユーザメッセージマスター
・保存時に編集タブの内容が表示されない不具合を修正しました。
・以下のシステムコード、ファンクションを編集できない不具合を修正しました。
DRS IVTIOCFM(入出庫確認)
PUR DIVPAYRE(分割支払依頼処理)
PUR PORDVCHAPR(発注伝票承認)
PUR PORDVCHAPRREQ(発注伝票承認申請)
PUR PORDVCHAPRRET(発注伝票承認差戻し)
SOE TRNAPPAPR(取引申請承認)
SOE TRNAPPAPRREQ(取引申請承認申請)
SOE TRNAPPAPRRET(取引申請承認差戻し)
SRV CRTSALAPRNUM(売上伝票自動作成番号)
SVP DIVPAYREQ(分割支払依頼処理)

V2.02.01.01

リリース日:2019/02/15
ユーザIDマスター
ユーザIDのコピーが出来るよう改善致しました。
ユーザIDマスター
外部ファイル指定パターン印影を追加しました。
現状では対応帳票はございませんが、順次、対応帳票を追加します。

V2.02.01.00

リリース日:2019/02/15
ユーザ定義メニューマスター
ユーザ定義メニューマスターからフォームデザイナを修正・編集する機能、及び、複数のユーザデザインを登録する機能を追加しました。
詳細はユーザーズガイドUSRセットアップ(章)、ユーザ定義メニューマスター(節)をご参照ください。”
Plaza-iスキーマ バージョンアップ
バージョンアップする際に、必要なスクリプトが存在しないというメッセージが発生する不具合を修正しました。

V2.02.00.05

リリース日:2019/01/23
Plaza-iスキーマ バージョンアップ
バージョンアップする際に、必要なスクリプトが存在しないというメッセージが発生する不具合を修正しました。

V2.02.62.00

リリース日:2018/12/21
システム機能別ユーザメッセージマスター
モジュール名を表示するコンボボックスを非表示にし、メッセージに対応しているファンクションのみ表示するように改善しました。
データ受入
エクセルから0.00009以下の数値を取り込むと、値がブランクになる不具合を修正しました。
基幹系データ取込
エクセルから0.00009以下の数値を取り込むと、値を指数表記の文字列として取込んでしまう不具合を修正しました。
データ転送
データ転送後、承認履歴に表示される転送件数について、転送先ごとに件数を表示するよう改善しました。
転送実行後、データ転送完了メッセージが表示された後に出力データが無い場合、出力件数が0件の承認番号をメッセージに表示するよう改善しました。
ユーザフォームオプションマスター
ARS得意先締め残高照会のフォーム別オプション「請求消費税合計表示区分」のlステータスの名称が表示されない不具合を修正しました。
ユーザキャプションマスター
ユーザフォームオプションマスターにアクセス権限がない場合、フォームデザイナ、またはレポートデザイナがエラーで開けない不具合を修正しました。

V2.02.61.00

リリース日:2018/10/12
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的「BASデータソース」で、テキストファイルに記載されたSQL文を読み込んで、クエリビルダに登録することが出来るようになりました。
ただし、全ての形式のSQL文の取り込みを保証するものではありませんので、その点ご留意してご利用ください。
汎用データ照会
ユーザ名表示ダイアログで、照会用ユーザを切り替えることができない不具合を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的「BASデータソース」で、クエリビルダに以下の関数が利用できるようになりました。
・Grouping、Rollup、Cube
・CharLength、OctetLength、Position、Substring、Trim、Upper、Lower
データ取込
取込項目が多数存在する状態でエラーが発生した場合、メッセージを承認履歴に書き込む際に「ORA-01461: LONG値はLONG列にのみバインドできます。」という別のエラーが発生してしまう不具合を修正しました。
データ取込(ジョブスケジュール)
ジョブスケジュールから取込用データを読み込む際に、エラーが発生しているにもかかわらず処理が進んでしまう不具合を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
BASデータソースのクエリビルダで、社員申請で作成できるユーザテーブルも利用できるようになりました。
取引申請ワークフロー
取引申請承認番号の採番に利用する会計期間について、WF経由で承認する場合も、取引申請入力等からの承認時と同様にシステム日を基準とするように変更しました。
承認申請伝票入力 申請日を変更した際に、承認申請伝票(AprReqVchH)がデータ上保有している会計期間(ActPer)が連動しない不具合を修正しました。

V2.02.60.18

リリース日:2018/12/19
データ転送
発注伝票の履歴を転送する場合、履歴取得セットアップ前の発注伝票に変更を加えた場合にも発注伝票再生成区分、発注伝票変更区分が出力されるように改善しました。

V2.02.60.14

リリース日:2018/10/23
データ受入
エクセルから0.00009以下の数値を取り込むと、値がブランクになる不具合を修正しました。
基幹系データ取込
エクセルから0.00009以下の数値を取り込むと、値がブランクになる不具合を修正しました。

V2.02.60.13

リリース日:2018/10/16
データ転送
ユーザデータ交換処理マスターで転送先名に特殊文字<D=日付フォーマット>を指定した場合、ジョブスケジュールを利用した転送処理において正常にファイルを出力できない不具合を修正しました。

V2.02.60.09

リリース日:2018/09/13
データ転送
削除ログを転送する場合、同じログ番号が転送予定に複数行あるとエラーになる場合がある不具合を修正しました。

V2.02.60.08

リリース日:2018/09/13
承認申請伝票入力
申請日を変更した際に、承認申請伝票(AprReqVchH)がデータ上保有している会計期間(ActPer)が連動しない不具合を修正しました。

V2.02.60.03

リリース日:2018/08/17
データ転送
転送予定情報を利用したデータ転送の対応ファンクションに、「発注伝票履歴外部データ転送」を追加しました。
詳細はUG、USRユーティリティ(章)、ユーザデータ交換処理マスター:転送処理(節)、転送予定情報を利用したデータ転送(項)をご参照ください。
データ転送
転送予定を利用したデータ転送の場合に、ユーザデータ交換処理マスターで交換順を指定すると、データ転送時にエラーが発生し、データ転送を行うことができない不具合を修正しました。

V2.02.60.00

リリース日:2018/08/17
データ取込(ジョブスケジュール)
想定外のエラーが発生した時にログに内容が表示されない不具合を修正しました。
データ転送
外部データ転送の転送元「受注伝票D転送用view」に、当初納品日フィールドを追加しました
マイメニューマスター
グリッドにデータを設定した際に自動的に追加される列がエラーにならないよう修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
クエリビルダでNULLを設定できるように改善しました。

V2.02.59.01

リリース日:2018/06/15
ユーザデータ交換処理マスター
BASで利用可能なデータソースを、クエリビルダを用いて定義可能にしました。
詳細はユーザーズガイドUSRユーティリティ(章)、ユーザデータ交換処理マスター:BASデータソース(節)をご参照ください。
本定義を使用することでマイメニュー上でグラフやチャートの形で表示することができます。
詳細はユーザーズガイドUSRセットアップ(章)、マイメニューマスター(節)、コンテンツ設定(BASをお持ちの場合)(項)をご参照ください。”
データ取込(ジョブスケジュール)
CSVファイルから取り込む際に、対象のフィールドが多いとエラーになる不具合を修正しました。

V2.02.59.00

リリース日:2018/06/15
ユーザデータ交換処理マスター
受入処理タブにフィールド引用符フィールドを追加しました。
データ受入
更新処理を行う場合、主キーフィールドは更新対象から除外するよう改善しました。
マイメニューマスター
デザイン対応のマイメニューについて、以下に対応をしました。
・グリッドと、グラフ(チャート)に対応しました。
・コンテンツ設定タブのグリッドに親コンテンツ番号のコラム、フッタにユーザデータ交換処理Mを開くボタンを追加しました。
・コンテンツ設定タブについて、デザインが存在し、かつ有効なコンテンツのみ、行・列表示に反映するようにしました。また、有効でないコンテンツ行はフォントの色をグレーとなるようにしました。
データ受入 ファイル名に存在しないパスを指定して読み込みボタンを押した際、エラーメッセージが表示された後、マウスポインタが砂時計のまま元に戻らない不具合を修正しました。
マイメニューマスター
デザイン対応のマイメニューについて、リンクラベルに対応しました。
マイメニューマスター
デザイン対応のマイメニューについて、以下の修正を行いました。
・列と行の位置を算出した値がコンテンツ設定タブに反映されるように修正しました。
・タブ設定、コンテンツ設定、ボタン設定で、並び順を考慮するように修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
社員申請のユーザデータ交換処理を定義する際のデータ式において、SpellNumberの関数が設定できるようになりました。
マイメニューマスター
デザイン対応のマイメニューについて、フォームデザイナで配置したテキストボックスおよびコンボボックスのディフォルト値を設定できるようにしました。

V2.02.58.09

リリース日:2018/06/29
入出庫伝票外部データ転送
ジョブスケジュールの場合、発信承認伝票番号に転送単位の通し番号ではなく、常に固定値「111」をセットしてしまう不具合を修正しました。

V2.02.58.07

リリース日:2018/06/07
データ取込(ジョブスケジュール)
外部から取り込むフィールドが多い場合、取込処理を正常に実行できない不具合を修正しました。

V2.02.58.00

リリース日:2018/05/18
ユーザ帳票オプションマスター
フォームクラスコード、バージョン番号、表示順序を右寄せに修正しました。
データ転送(ジョブスケジュール)
転送定義に、「区分が値で、値がブランク」の明細がある場合、Oracleエラーとなってしまう場合がある不具合を修正しました。
データ転送処理
以下の画面でデータをCSVファイルで転送、かつ先頭項目がブランクになる場合、「USR ユーザデータ交換処理マスター」で指定しただけの項目数が出力されない不具合を修正しました。
・DRS 入出庫伝票外部データ転送
・USR データ転送
ユーザデータ交換処理マスター
受入先フィールド一覧タブ内のグリッドにあるフィールド名の文字数が、ユーザデータ交換定義Mの「フィールドタイトル」に入力可能な文字数(40バイト)を超える場合、エラーメッセージが表示されないよう修正しました。
承認経路の決定
承認経路のディフォルトを判断する基準を、ログインユーザから伝票の担当者に変更しました。
ユーザキャプションマスター
言語が英語の時にデザイナ上で右クリックして開くコンテキストメニューが英語で表示されない不具合を修正しました。
テーブルコントロールマスター
範囲指定タブのテーブル物理名、テーブル倫理名、フィールド倫理名のディフォルトの文字列比較条件を「を含む」に修正しました。
マイメニューマスター
コンテンツ設定タブで登録したコンテンツに関して、マイメニュー上での表示比率が入力した行数や列数から算出した割合通りにならない場合がある不具合を修正しました。
マイメニューマスター
マイメニュータイプ区分が「デザイナ」で、コンテンツ設定タブ下部のボタン設定タブで参照先がブランクの場合に、ドラッグ&ドロップでメニューを設定できない不具合を修正しました。

V2.02.57.14

リリース日:2018/10/31
データ転送
データ転送後、承認履歴に表示される転送件数について、転送先ごとに件数を表示するよう改善しました。
転送実行後、データ転送完了メッセージが表示された後に出力データが無い場合、出力件数が0件の承認番号をメッセージに表示するよう改善しました。

V2.02.57.04

リリース日:2018/03/28
データ転送
外部データ転送の転送元「仕入伝票Dデータ転送用View」に、商品集計コードやユーザ定義コードに関するフィールドを追加しました。
また転送元に、以下のビューを追加しました。
売上請求伝票H転送用view
売上請求伝票D転送用view
受注伝票D転送用view
データ転送処理
以下の画面でデータをCSVファイルで転送、かつ先頭項目がブランクになる場合、「USR ユーザデータ交換処理マスター」で指定しただけの項目数が出力されない不具合を修正しました。
・DRS 入出庫伝票外部データ転送
・USR データ転送

V2.02.57.00

リリース日:2018/03/16
ユーザデータ交換処理マスター
転送処理(または受入処理)タブのレコード複写時に、複写元とは別のレコードの各明細も含めて複写してしまう不具合を修正しました。
システムファンクションマスター検索
システムファンクションマスター検索画面でファンクション名が表示されない不具合を修正しました。

V2.02.56.00

リリース日:2018/02/16
アクセス制御リスト作成
Oracle DBからアクセス可能なサーバの登録を行う画面を新規作成しました。詳細はユーザーズガイドをご参照ください。
ユーザ通知マスター
Eメール管理番号を追加しました。通知と連動してメール送信を行う場合に設定を行います。
Eメール管理マスター
データベースサーバからメール送信する機能の追加に伴い、本画面からメール送信をテストできるようになりました。

V2.02.55.09

リリース日:2018/03/20
未処理一覧
承認申請の差戻しの場合でも、メールが送信される機能を追加しました。またその際、作成者に送信されるようにしました。

V2.02.55.00

リリース日:2018/01/19
[Webブラウザ]承認申請状況保守
承認申請伝票を利用する個別承認に対応しました。
ユーザキャプションマスター
「編集(Webグリッド)」タブの「システム設定を複写」ボタンをクリックすると、複写処理が正常に実行されない場合がある不具合を修正しました。
テーブルコントロールマスター
テーブルコントロールタブ入力エリアの「データ受入公開ユーザグループコード」、「データ転送公開ユーザグループコード」テキストボックスでF5検索が利用できない不具合を修正しました。
本締めチェック除外マスター
新規メニューを追加しました。
APS、GLSの月次本締め実行時に、本メニューに登録したシステムの本締めチェックを除外します。
詳細はUG、締め処理(章)、本締めチェック除外マスター(節)をご参照ください。

V2.02.54.00

リリース日:2017/12/18
自動採番マスター
システムを選択するコンボボックスの中身の並び順をシステムコード順に修正しました。
伝票採番方法管理マスター
システムコードコンボボックスの中身の並び順をシステムコード順に修正しました。
ユーザオプションマスター
システムコードコンボボックスの中身の並び順をシステムコード順に修正しました。
外部ファイル指定パターンマスター検索
グリッドと検索結果の件数を表示しているバーが重なっていた不具合を修正しました。
伝票ファイル一覧照会
外部ファイルを改訂しても、改訂後の最新ファイルではなく、改訂前のファイルを開いてしまう不具合を修正しました。

V2.02.53.15

リリース日:2017/11/09
メール送信
給与明細メールの件名が正しく表示されない不具合を修正しました。

V2.02.53.08

リリース日:2017/12/11
承認申請伝票入力
複数の承認役職を持つユーザが、ディフォルト承認者として選択された場合、そのユーザが兼任している他の役職に、他の候補者がディフォルト承認者として選択されるように改善しました。

V2.02.53.07

リリース日:2017/12/06
承認申請伝票入力
同じユーザIDで、役職を複数兼ねている場合でも、複数の役職の権限で承認が実行できるように改善しました。

V2.02.53.04

リリース日:2017/11/19
ユーザ通知マスター
通知定義番号4101、4102を選択した際に、通知対象のユーザグループを登録出来るようになりました。詳細は、ユーザーズガイドのUSRセットアップ(章)、ユーザ通知マスター(節)、通知先ユーザグループタブ(項)をご参照ください。

V2.02.53.02

リリース日:2017/11/17
ユーザメニューマスター照会
メニューアクセス権一覧タブのデータの表示順序について、メニューグループコードがメニューの順番と同じ並び順になるよう改善しました。
マイメニューマスター
マイメニュータイプ区分に「デザイン」を追加しました。フォームデザイナを使用して、マイメニュー画面内に表示するコンテンツをデザインすることができます。詳細はユーザーズガイド、USRセットアップ(章)、マイメニューマスター(節)、デザイン対応(項)をご参照下さい。
個別承認申請
承認申請定義マスターで、複数の事由が設定されている場合でも、それぞれの事由に承認者がディフォルトでセットされるように改善しました。
また、元伝票保存時に、承認申請伝票作成のエラーが発生した場合、エラーメッセージが表示されるように改善しました。

V2.02.53.01

リリース日:2017/11/17
個別承認申請
承認申請定義マスターで、複数の事由が設定されている場合でも、それぞれの事由に依って承認申請伝票が作成されるように改善しました。

V2.02.53.00

リリース日:2017/11/17
データベースセッション管理
セッション情報タブ、表ロック一覧タブについて、最新表示した際に現在選択行が移動しないようにしました。
ジョブスケジュール作成
明細の入力項目として「ジョブ実行後にコミットする」チェックボックスを追加しました。
複数のジョブを連続で実行する際に、各ジョブを実行した時点でジョブログを書き込みますので、進捗をリアルタイムで把握することができます。
データベースセッション管理
①自動最新表示機能を追加しました。指定した秒ごとにシステムが自動で最新表示を行います。
②セッション強制終了ボタンの位置を画面下部に移動しました。本ボタンに関してユーザキャプションを設定していた場合は再設定の必要があります。
汎用データ照会
パラメータを使用するSQLの操作に関して以下の不具合を修正しました。
①SQL読み込み時に「Parameter Value」が設定されていない、もしくは(値が無いなど)正しく設定されていない場合に「インデックスが範囲を超えています。負でない値で、コレクションのサイズよりも小さくなければなりません。」というエラーメッセージが表示される。
②パラメータ入力タブから全てのパラメータを入力しなかった場合に「識別された項目のうち 1 つが無効な形式です。」というエラーメッセージが表示される。
ユーザ定義メニューマスター
ユーザ定義メニューマスターを削除すると、メニュー操作履歴も同時に削除する不具合を修正しました(メニュー名等はブランクになります)。
ジョブスケジュール作成
実行中のOracleスケジューラジョブを中止できるようになりました。

V2.02.52.00

リリース日:2017/10/20
ユーザキャプションマスター
高DPI対応のディスプレイの場合に、文字サイズが100%サイズ以外の場合に対応しました。
[Webブラウザ]承認申請状況保守
Plaza-i Webにおいて、承認時にメール送信する設定であるが、メールアドレスが未登録の場合、正しいメッセージ内容が表示されるように修正しました。
データ転送
転送実行を行った際、転送対象に指定した定義番号がユーザデータ交換処理マスター上、転送先区分が「テキスト(固定長)」の場合だけでなく、「テキスト(コンマ区切り)」の場合にも、設定した小数桁長または小数点記号による数値の変換が行われる不具合を修正しました。

V2.02.51.02

リリース日:2017/09/29
伝票採番方法管理マスター
採番方法タブのグリッドの採番方法コラムについて、フィルタが掛かるように修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
画面を開いた直後、データを読み込む前に行追加ボタン等を押してから検索ボタンでデータを読み込んだ場合に、エラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
テーブル設定タブにおいて、ユーザテーブル作成やユーザフィールド追加・削除処理を行った場合、テーブル設定情報の更新処理を事前に行うよう改善しました。
ユーザデータ交換処理マスター
データソース設定タブにおいて、保存処理等を行った直後に選択可能フィールド一覧が正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。

V2.02.51.01

リリース日:2017/09/29
[Webブラウザ]承認申請状況保守
承認申請について、Plaza-i Webに対応しました。IISサーバおよびPlaza-i Webのセットアップを行うことにより、Webブラウザで照会・承認・否決等の処理を行うことが出来ます。
詳細はユーザーズガイドCMN共通システム編、ワークフロー(章)、未処理一覧(節)、Plaza-i Web 未処理一覧(項)をご参照ください。
ユーザデータ交換処理マスター
フィールドタイプに「文字列(コード)」を追加しました。コード等のフィールドに設定することで、IME入力をしないフィールドとして区別することができます。
ユーザデータ交換処理マスター
複写時に、データソース設定タブのデータが複写されない不具合を修正しました。

V2.02.51.00

リリース日:2017/09/29
Excelデータ転送
出力設定に「非使用データを除外する」のチェックボックスを追加しました。
これにより、出力対象テーブルに非使用区分が存在する場合、使用可能なレコードのみを出力することが可能となります。
詳細はユーザーズガイド、CMN共通システム編、ユーティリティM(章)、Excelデータ転送M(節)、操作方法(項)をご参照ください。
Excelデータ転送
出力設定に「企業・会社・本支店を変換する」のチェックボックスを追加しました。
出力対象レコードの企業・会社・本支店の値を指定した値に変換してExcel出力を実行することが可能です。
詳細はユーザーズガイド、CMN共通システム編、ユーティリティM(章)、Excelデータ転送M(節)、操作方法(項)をご参照ください。

V2.02.50.05

リリース日:2017/08/31
ワークフローメニュー
従来の個別承認申請、承認申請伝票を使用した承認申請の仕組みを統合し、ワークフローメニューとして追加しました。
これに伴い、画面下部の承認申請件数表示をツールバーに移動しました。件数は未処理一覧ボタンの右側にバッジとして表示されます。
詳細はユーザーズガイド CMN共通システム編、ワークフロー(章)をご参照ください。
承認申請伝票入力
承認申請タイプのチェックリストタブに設定したパターン番号のチェックリストを生成するようにしました。
対応項目は以下の通りです。
・チェック区分
・伝票チェック項目名
・備考
承認申請状況照会
・承認ルールマスターの代理承認処理区分に従って、代理承認処理が行われるように改善しました。
・承認役職ユーザグループに設定した代理承認ユーザIDに従って、代理承認者を明示的に指定できるように改善しました。”
外部ファイルマスター
元ファイルから複写されたかどうかを示す、「複写済みファイル」チェックボックスを追加しました。元ファイルがデータベースやファイルサーバに複写保存されたかどうかを判定できます。

V2.02.50.02

リリース日:2017/08/31
承認ルールマスター
ルール定義に代理承認処理区分を追加しました。
これにより承認依頼を代理承認した場合の承認処理方法を選択することが可能です。
詳細はユーザーズガイド、USRセキュリティ(章)、承認ルールマスター(節)、ルール定義(項)、代理承認処理区分についての説明をご参照下さい。

V2.02.50.01

リリース日:2017/08/31
伝票採番方法管理マスター
システム「USR」、ファンクション「USRDATAUTNUM」(ユーザデータ採番方法)の設定に対応しました。
ユーザセッション履歴F
OSプロセスIDのフィールドのバイト数を増やし、現在のOSの仕様に対応しました。
承認役職ユーザグループマスター
明細行に有効開始(終了)年月日を追加しました。
また、上記の有効期間内で有効なユーザIDが表示されるように範囲指定を追加しました。
各詳細はユーザーズガイド、USRセキュリティ(章)、承認役職ユーザグループマスター(節)の説明をご参照ください。
承認役職ユーザグループマスター
明細項目に代理承認役職番号と代理承認役職ユーザIDを追加しました。
各詳細はユーザーズガイド、USRセキュリティ(章)、承認役職ユーザグループマスター(節)、明細項目(項)の説明をご参照ください。
ユーザ通知マスター
ユーザ通知マスターを新規追加しました。通知の内容や頻度等を定義することができます。
詳細はユーザーズガイド USRセットアップ(章)、ユーザ通知マスター(節)をご参照ください。
承認申請伝票入力
承認役職ユーザグループマスターへの有効開始/終了年月日を考慮し、承認申請の承認候補者、承認者をセットするように改善しました。
ユーザデータ交換処理マスター
取り込み設定タブにおいて、上部グリッドで行追加を行った後、下部グリッドの「フィールド一覧から追加」ボタンを押すと、エラーになり追加できない不具合を修正しました。

V2.02.50.00

リリース日:2017/08/31
伝票ファイル一覧照会
範囲指定タブ、出力対象テーブルグリッドにおいて、「すべて選択」および「すべて選択解除」の機能を利用できるようになりました。
承認申請タイプマスター
フォームデザイナを開き、<ポインタ>を選択した場合のマウスポインターについて、十字型から矢印に修正しました。
伝票ファイル一覧照会
副言語表示をしているとき、個人M、および取引先Mを選択して最新表示するとエラーを発生してしまう不具合を修正しました。
伝票ファイル一覧照会
範囲指定タブの出力対象テーブルにMNT、A15保守利用契約Fを追加しました。
ユーザデータ交換処理マスター
交換目的「社員申請」の場合に、結合定義ダイアログに表示されるフィールドリストが正しくなるよう修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
データソース設定タブのデータソース定義、および、取込設定タブの取込定義にそれぞれある、行追加ボタン左のボタンに、ショートカットキー(Alt+L)およびヒントを追加しました。
ユーザデータ交換処理マスター
データソース設定タブで、選択データソースに同一テーブルが複数存在する場合、データソース定義タブでフィールド一覧から追加をした際に、選択しているテーブルの別名ではなく、同一テーブル内の最初のテーブルの別名がテーブル名にディフォルトセットされる不具合を修正しました。

V2.02.49.03

リリース日:2017/07/14
承認申請タイプマスター
社員申請報告機能を使用するためのセットアップを登録できるようになりました。詳細はユーザーズガイド、USRセットアップ(章)、承認申請タイプマスター(節)、目的-社員申請報告(項)をご参照ください。
ユーザキャプションマスター
ARS売上請求メニューの請求書発行画面をフォームデザイナで開こうとするとエラーが発生する不具合を修正しました。
ユーザキャプションマスター
FAS入力メニューの本勘定繰入、およびTHR選択セットメニューの個人選択セット登録画面をフォームデザイナで開こうとするとエラーが発生する不具合を修正しました。

V2.02.49.02

リリース日:2017/07/14
承認申請グループマスター
承認申請グループマスターを新規追加しました。承認申請タイプマスターの項目をグループ化することができます。
詳細はユーザーズガイド USRセットアップ(章)、承認申請グループマスター(節)をご参照ください。
ユーザデザインマスター
ユーザデザインマスターを新規追加しました。承認申請タイプマスターで保存した、申請書入力画面等のデザインを照会・メンテナンスできます。
詳細はユーザーズガイド USRセットアップ(章)、ユーザデザインマスター(節)をご参照ください。
ユーザキャプションマスター
フォームデザイナ画面について、以下の2点の修正をしました。
①コラムに対する修正が反映されない不具合を修正しました。
②ツールバー上のボタンを選択・編集できない不具合を修正しました。

V2.02.49.00

リリース日:2017/07/14
ジョブスケジュール作成
画面を開いたときに、ジョブスケジュール番号の先頭行がディフォルトで表示されていた点を修正し、表示されないようにしました。
ジョブスケジュール作成
ジョブスケジュールを削除する際に、スケジュールプログラムが削除されずに残る不具合を修正しました。
ジョブスケジュール作成
自動仕訳計上のジョブスケジュールで、ジョブスケジュールカレンダーマスターに複数行を登録していた場合、一番最初に登録した行の処理基準日の期間しか処理を実行しない不具合を修正しました。
ジョブスケジュール作成
自動仕訳計上のジョブスケジュールで、ジョブスケジュールカレンダーマスターに複数行を登録していた場合、ジョブスケジュールを実行する際に処理基準日順ではなく、マスターに登録した順番で処理を実行する問題を修正しました。
ユーザデータ交換処理マスター
HRS社員申請を行うために、申請に必要な入力項目を持つユーザ独自のテーブルを作成し、データソースに設定、取込できるよう対応しました。
詳細はユーザーズガイド USRユーティリティ(章)、ユーザデータ交換処理マスター:社員申請(節)をご参照ください。
ユーザアクションセキュリティマスター
セキュリティタイプ「検索・印刷表示制限」に下記の新たなアクションを追加しました。現在、DRS「一括確認」および「一括確認-移動取引」メニューに対応しています。
・「Q60:指定ユーザグループのユーザはログイン倉庫と等しいレコードのみ参照可能」
・「Q70:指定ユーザグループのユーザは権限のある倉庫グループのレコードのみ参照可能」
承認申請定義マスター検索 グリッドをダブルクリックしても、検索結果を呼び出せなかった不具合を修正しました。
ユーザデータ交換結合選択ダイアログ
ユーザデータ交換処理マスター、データソース設定タブででデータソースを設定した際に、テーブル同士の結合関係を設定するダイアログを追加しました。

V2.02.48.09

リリース日:2017/08/15
ユーザアクションセキュリティマスター
ARS請求書発行・請求書初回発行のユーザアクションセキュリティマスター「検索・印刷表示制限」に「指定ユーザグループのユーザは権限のある組織グループのレコードのみ参照可能」を追加しました。
当マスターを設定することで、ログインユーザが所属するユーザグループが設定された組織グループに含まれる組織のレコードのみ出力することができるようになりました。